【ソードシールド】ホウオウの育成論!サイクル適性の高い高耐久高火力物理ポケモン!【ポケモン剣盾】

最終更新日
攻略大百科編集部

『ポケットモンスターソード/シールド(ポケモン剣盾)』の対人戦で有用なポケモンの1匹「ホウオウ」の育成論を掲載しています。

ホウオウの基本情報

タイプ
ほのお ひこう
特性

プレッシャー

技を受けると相手の技のPPを1多く減らす。

レベルの高いポケモンと出会いやすくなる。

さいせいりょく 隠し特性

戦闘から引っ込むと、最大HPの1/3だけ回復する。

 ホウオウの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計

106

(56位)

130

(38位)

90

(210位)

110

(88位)

154

(4位)

90

(180位)

680

(9位)

 ホウオウのタイプ相性

4倍いわ
2倍みず でんき
0.5倍ほのお かくとう はがね フェアリー
0.25倍くさ むし
無効じめん

 ホウオウの解説

特殊耐久と物理火力が高いポケモンで、控えに戻るとHPが回復する特性「さいせいりょく」や「じこさいせい」によって回復手段を持つ事が出来る為特にサイクル戦などに向いているポケモンです。

およそ50%の確率で火傷状態に出来る「せいなるほのお」で相手の物理火力を落とし、その耐性と耐久から特定の相手を詰ませる事も出来るなど受けループにも適性があります。

技範囲は非常に広く、タイプ一致で「ダイジェット」が使用出来るのは勿論「ダイアース」「ダイスチル」などの耐久上昇可能なタイプも扱える事からダイマックスアタッカーとしても運用が可能です。

特攻も低くはなく、物理には無い積み技である「めいそう」を覚える事から特殊型としても運用される場合があります。

一方で岩技が4倍となっており、耐久に大きく振っていても致命的なダメージを受けてしまう為、タイプ一致で使える相手は勿論サブウエポンとして持っている場合がある相手にも注意して運用しましょう。

[PR]

ホウオウの育成論

サイクル重視型

特性

さいせいりょく

性格

しんちょう(特防↑特攻↓)

努力値

HP156 攻撃12 防御188 特防60 素早さ92

実数値

201-152-134-×-200-122

持ち物

あつぞこブーツ

その他の候補とつげきチョッキ

技構成

せいなるほのお

ダブルウイング

じこさいせい

じしん

その他の候補アイアンヘッドふきとばしブレイブバード

 サイクル重視型の解説

耐久に多く努力値を割き、特性の「さいせいりょく」を活かして立ち回る耐久寄りの型です。サイクルを軸に戦っていく場合は「ステルスロック」が致命傷となってしまうので、それを無効化出来る「あつぞこブーツ」を持たせています。

ホウオウ自身は火力も出しやすく、ダイマックスを使用する事で削れた相手であれば突破していける他、タイミングが合えば「ダイスチル」によって有利関係がイーブンな相手に対して有利を取れる事もあるので、他にダイマックス適性のあるポケモンが居なければ常にダイマックスの択を見ておきましょう。

素早さは無振り100族抜き抜きまで確保してあり、多くの無振りポケモンに対しては先制を取れる他、サンダーなどであれば行動順によって型判別が可能な場合もあります。

タイプによる得手不得手が非常にハッキリしているので、そこをカバー出来るポケモンと組ませましょう。

 サイクル重視型の運用方法

基本的にはタイプ、または耐久的に有利な相手に繰り出し、火傷の可能性がある「せいなるほのお」などで削っていきましょう。

ホウオウに対して有利なポケモンが出てきた場合はこちらも退き、有利なポケモンで対応するというサイクルを作って試合を展開していきます。

サイクルのどこかや初手などで「ステルスロック」を使用出来ると相手の削りが加速するので試合をより有利に運ぶ事が出来るのでなるべく選出出来るような構築を心がけると活躍が見込めます。

再生技+特性でHPを8割回復出来るので、ホウオウ単体控え単体では受けきれないダイマックスアタッカーなどもホウオウで再生技→退いて受ける→ダイウォールなどで強引にターンを消費させる事も可能です。

サイクル重視型の与ダメージ

使用技

防御側

計算結果

せいなるほのお

無振りゴリランダー

89.1~106.2%

(乱数1発)

HP防御特化ハピナス

35~41.4%

(確定3発)

HP防御特化アーマーガア

49.7~58.5%

(乱数2発)

無振りゼルネアス

37.8~44.7%

(確定3発)

無振りザシアン

76.6~91%

(確定2発)

HP252振りサンダー

41.6~49.2%

(確定3発)

ダブルウイング

無振りウーラオス

34.2~41.1%

(確定3発)

※1発あたり

 サイクル重視型の被ダメージ

攻撃側

使用技

計算結果

陽気ザシアン

ワイルドボルト

※攻撃+1段階

84.5~99.5%

(確定2発)

陽気エースバーン

(いのちのたま)

ダイジェット

60.1~70.6%

(確定2発)

陽気一撃ウーラオス

あんこくきょうだ

46.2~54.2%

(乱数2発)

ミミッキュ

(いのちのたま)

ゴーストダイブ

34.8~41.2%

(確定3発)

攻撃特化バンギラス

いわなだれ

131.3~155.2%

(確定1発)

攻撃特化霊獣ランドロス

いわなだれ

91.5~109.4%

(乱数1発)

臆病サンダー

(いのちのたま)

ダイサンダー

85.5~100.9%

(乱数1発)

特攻特化ゼルネアス

ムーンフォース

※特攻+2段階

35.8~41.7%

(確定3発)

特攻特化イベルタル

(いのちのたま)

あくのはどう

38.8~46.7%

(確定3発)

サイクル重視型と相性のいいポケモン

ポケモン

ヌオー

物理受け型

ホウオウとのタイプ補完が良く、物理を受けられヌオー自身もサイクル向きの性能をしている。

ゴリランダー

アタッカー型など

ホウオウが苦手な水タイプや岩タイプなどに有利を取りやすく、「とんぼがえり」「はたきおとす」などゴリランダー自身もサイクル戦に向いた技を覚える。

ホウオウの対策

ホウオウの対策方法

特殊耐久が高く、回復手段も豊富な為サイクル戦に持ち込まれるとじわじわと不利になっていきます。

ホウオウ自身にはステルスロックによる牽制が、サイクルとしては早めに1体落とす事でサイクルを崩壊させるなどの戦法が有効です。

その他岩技を使用可能なポケモンが居れば大きくダメージを与える事が出来るので、岩ポケモンやサブウエポンに岩技の採用を検討しましょう。

ホウオウ対策のおすすめポケモン

ポケモン

バンギラス

保険アタッカー型など

タイプ一致で岩技を使用出来、ホウオウに1手で致命的なダメージを与える事が出来る。ホウオウのメインウエポンを半減に抑えられる点も優秀。

サイクル相手に有用な「ステルスロック」も使用可能。

ヌオー

物理受け型

「どくどく」によってホウオウの強みである耐久を常に削っていく事が出来る。

攻撃特化の場合は「たくわえる」を積む必要がある。

 

準伝説の育成論
霊獣ランドロス カプ・レヒレ サンダー
ガラルファイヤー フェローチェ テッカグヤ
アーゴヨン ヒードラン レジエレキ
化身ボルトロス クレセリア カプ・テテフ
カプ・コケコ
育成論メニュー

アーマーガア

アイアント

アシレーヌ

イエッサン♂

インテレオン

ウルガモス

エアームド

エースバーン

エルフーン

オーロンゲ

オノノクス

オンバーン

ガオガエン

カバルドン

カビゴン

カメックス

ガラガラ(アローラ)

ギャラドス

キュワワー

ギルガルド

キングドラ

コータス

コオリッポ

ゴリランダー

サニーゴ(ガラル)

サニゴーン

サメハダー

ジバコイル

ストリンダー

セキタンザン

テラキオン

トゲキッス

ドサイドン

ドラパルト

ドラミドロ

ドリュウズ

ニョロトノ

ニンフィア

バチンウニ

ハッサム

パッチラゴン

ハピナス

パルシェン

バンギラス

ヒヒダルマ(ガラル)

フシギバナ

ブリムオン

ポリゴン2

ポリゴンZ

マリルリ

ミミッキュ

モスノウ

ヤドラン

ラプラス

リザードン

ルガルガン(たそがれ)

ロトム

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ