【ソードシールド】ダウンロード版の容量は10.3GB以上!ピカブイの2倍・USUMの3倍に【ポケモン剣盾】

最終更新日

11月15日(金)に発売予定の『ポケットモンスター ソード・シールド』ダウンロード版のデータ容量が判明しました。過去作との比較と合わせて、ソード・シールドのダウンロード容量について解説します。

ダウンロード版の容量が判明

ソードシールドのダウンロードカード(ダウンロード版のソフトと引き換えできる番号がかかれたカード)がコンビニなど全国の販売店に並び始めています。

これにより、ソードシールドのダウンロード容量が10.3GB以上であることが判明しました。

ダウンロード版の購入者は空きが必要

ダウンロード版を購入する場合はswitch本体かmicroSDカードに10.3GB以上の空きが必要となります。

switch本体の容量は32GBしかないので、ダウンロード版を購入する際は事前にチェックしておきましょう。

過去作の容量はどれくらい?

ピカブイは4.2GB

ソードシールドと同じくswitch専用ソフトとして発売された『Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』はダウンロード容量が4.2GBでした。容量だけを見ればソードシールドは2倍以上になっています。

ピカブイはポケモンがリージョン込でも170体ほどしか登場しなかったのに対して、ソードシールドはすでに判明している分だけでも270体を越えるので、登場するポケモン数による違いが大きくあると考えられます。

USUMは3.6GB

メインタイトルとしては前作にあたる『ウルトラサン・ウルトラムーン』はダウンロード容量が3.6GBでした。

こちらは3DS専用ソフトとして発売されているので容量による比較にあまり意味はありませんが、ソードシールドでは3倍近くになっています。

ポケモンの話題で盛り上がろう!

LINEのオープンチャット「ポケモン剣盾 攻略談義」をオープンしました。

匿名で参加できます(LINEアカウントはバレません)。発売前から盛り上がりましょう!

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら