【ソードシールド】遺伝の基礎知識まとめ!技・個体値・性格などの遺伝について【ポケモン剣盾】

最終更新日

『ポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)』の遺伝について解説します。

遺伝とは

ポケモンがタマゴから生まれるとき、両親からいくつかの要素を受け継ぎます。これを遺伝と言います。

遺伝は特にバトル用のポケモンを用意する際に大切な要素です。遺伝する各要素について解説します。

[PR]

技の遺伝

レベルアップ技

そのポケモンがレベルアップで覚える技を、親が習得していた場合に子どもにも引き継がれることがあります。

直近の作品では、両親ともに覚えていた場合に子どもにも遺伝します。

タマゴわざ

タマゴから生まれてきたときに覚えている技のうち、レベルアップやわざマシンで覚えない技を「タマゴわざ」と言います。

オスの親の方に子どもに遺伝させたい技をレベルアップなどで覚えさせておき、子どもと同じ種族、あるいは進化形のメスと一緒に預けます。

そうすると、メスと同じ種族の第1形態の子どもが、オスから遺伝したタマゴわざを習得しています。

覚えるタマゴわざはポケモンによって決まっており、どんな技でも遺伝するわけではありません。

個体値の遺伝

同じ種族のポケモンであっても、ステータスに一定の範囲でばらつきがあります。これを個体値と言います。

子どもには、預けた親のうちいくつかの個体値がランダムで遺伝します。

直近の作品では、「あかいいと」など特定のアイテムを親に持たせることで、遺伝する個体値の数が増えることが確認されています。

個体値は、クリア後に一定の条件を満たすと確認できるようになります。

ジャッジ機能の解放方法!個体値を確認できる厳選用機能

育成知識
『ポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)』の厳選準備に必要なジャッ...
続きを読む

性格の遺伝

すべてのポケモンには性格があり、性格によって特定のステータスが上がりやすかったり上がりにくかったりします。直近の作品では、以下の法則が確認されています。

  • 片方の親に「かわらずの石」を持たせた場合、持たせた親の性格が遺伝
  • 両方の親に「かわらずの石」を持たせた場合、いずれかの性格が遺伝

本作でも同様の傾向になっていますが、検証数が少ないため確定ではありません。

特性の遺伝


バトル中などに自動的に発動する能力のことを「特性」と言います。

取得できる特性はポケモンの種類によって決まっており、直近の作品では、メスの特性が遺伝しやすくなっています。

モンスターボールの遺伝

バトルの登場演出時のモンスターボールは、そのポケモンを捕まえた時のモンスターボールになっています。

直近の作品では、タマゴから生まれたポケモンの場合は、特定の種類のモンスターボールを除き、親のボールが遺伝します。

すがたの遺伝

「カラナクシ」、「バスラオ」など複数のすがたがあるポケモンの場合、親のすがたが遺伝します。

直近の作品では、違うすがたのオスとメスを預けた場合、メスのすがたが優先されます。

ポケモンの話題で盛り上がろう!

LINEのオープンチャット「ポケモン剣盾 攻略談義」をオープンしました。

匿名で参加できます(LINEアカウントはバレません)。発売前から盛り上がりましょう!

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら