【ソードシールド】カイオーガの育成論!半減すらも吹き飛ばす超火力特殊アタッカー!【ポケモン剣盾】

最終更新日
攻略大百科編集部

『ポケットモンスターソード/シールド(ポケモン剣盾)』のランクマッチシリーズ8で有用な禁止伝説ポケモンの1匹「カイオーガ」の育成論を掲載しています。

カイオーガの基本情報

タイプ
みず
特性

あめふらし

戦闘開始後5ターンの間、天候が「あめ」になる。

 カイオーガの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計

100

(73位)

100

(161位)

90

(210位)

150

(8位)

140

(12位)

90

(180位)

670

(26位)

 カイオーガのタイプ相性

4倍なし
2倍でんき くさ
0.5倍ほのお みず こおり はがね
0.25倍なし
無効なし

 カイオーガの解説

特殊火力が非常に高く、高威力水技の「しおふき」と水タイプ技を強化する雨状態を発動させられる「あめふらし」によって超火力の水技を撃つ事が出来ます。

半減以下でもゴリ押しが効く程の火力なので受けを成立させる事が難しく、全抜きに必要な火力ラインが低い為「こだわりスカーフ」「おいかぜ」などで素早さを補強させる使われ方が多いポケモンです。

反面、水技が1/4~無効の相手には大きくダメージを取る事が難しく他のポケモンに任せるのが無難と言えます。

また、最高火力である「しおふき」はHPが減ってしまうと威力も下がっていくので、ダイマックスを使用しない場合は先制技や素早さサポートをしても抜けない相手に対して別の対抗手段を用意する必要がある点には注意が必要です。

場に出た瞬間の特性発動順で相手の素早さを判断する事が出来、こだわりスカーフ込みで抜いているはずの相手と対面した際に相手の特性が先に発動した場合は相手もこだわりスカーフを持っている事が確定します。

[PR]

カイオーガの育成論

スカーフ型

特性

あめふらし

性格

おくびょう(素早さ↑攻撃↓)

努力値

HP4 特攻252 素早さ252

実数値

175-×-111-202-160-156

持ち物

こだわりスカーフ

技構成

しおふき

なみのり

れいとうビーム

かみなり

こんげんのはどうねっとう

 スカーフ型の解説

素早さを大きく上げる事でカイオーガの最大の特長である火力を押し付けやすくした型です。

素早さ実値は234となっており、バドレックス(こくばじょう)やザシアンに対しても先制して攻撃を行う事が出来ます。

基本的には半減しおふき>その他の等倍技というダメージ関係ですが、天候が上書きされてしまう可能性がある場合や水技が1/4以下になるポケモンが居る場合には他の技を撃つ選択肢も見えてきます。

残りHPが106を切ると、技威力がなみのり>しおふきになるので、相手が先制技を使う場合やカイオーガが既に削れてしまっている場合はこちらを使用しましょう。

また、HPが減ってもダイマックスを使用すれば威力150の水技を扱う事が出来る点も覚えておきましょう。

 スカーフ型の運用方法

選出時点で水タイプの通りとカイオーガとの素早さ関係を確認し、ダイマックスを使用するかどうかを決定しましょう。

水タイプの通りがよくない場合でも、該当ポケモンが削れていればゴリ押せるのでどのポケモンをどう削っていくかのプランを事前に建てておくとより扱いやすくなります。

カイオーガの超火力を安全に受ける為にダイマックスを切らせてダイマックス差で有利をつける、他にダイマックスを使用する場合は削りとして初手でアタッカーのダメージ補助をする、のように他にダイマックスアタッカーが居るとより勝利へのプランが増えます。

スカーフ型の与ダメージ

使用技

防御側

計算結果

しおふき

雨状態で計算

特防4振りザシアン

113.7~134.7%

(確定1発)

無振りイベルタル

107.9~127.3%

(確定1発)

HP特防特化ポリゴン2

(しんかのきせき)

56.2~66.1%

(確定2発)

HP4振りドラパルト

82.3~96.9%

(確定2発)

HP252振りドラパルト

118.7~140.1%

(確定1発)

無振りゼルネアス

107.9~127.3%

(確定1発)

無振りカイオーガ

45.7~54.2%

(乱数2発)

かみなり

無振りカイオーガ

90.2~107.4%

(乱数1発)

 スカーフ型の被ダメージ

攻撃側

使用技

計算結果

陽気エースバーン

(いのちのたま)

ふいうち

45.1~54.2%

(乱数2発)

陽気ミミッキュ

(いのちのたま)

じゃれつく

49.7~58.8%

(乱数2発)

攻撃特化霊獣ランドロス

じしん

62.2~74.2%

(確定2発)

陽気一撃ウーラオス

ふいうち

37.7~44.5%

(確定3発)

臆病レジエレキ

ボルトチェンジ

96~114.2%

(乱数1発)

無補正無振りイベルタル

(いのちのたま)

ふいうち

53.7~62.8%

(確定2発)

スカーフ型と相性のいいポケモン

ポケモン

ナットレイ

耐久型など

ナットレイの4倍弱点である炎技をカイオーガがタイプで受けられ、雨状態にする事でダメージ軽減とする事も出来ます。

水技を無効化する特性を持つ「トリトドン」「ヌオー」「ヌケニン」などにナットレイが強く出られるので攻めの相性が良いのもポイントです。

ゴリランダー

アタッカー型

高火力の先制技により削り性能に優れ、カイオーガ展開後の〆やカイオーガを通す為の打点を担う事が出来ます。

微量ではありますが、グラスフィールドの回復によってカイオーガのHPを保つ事にも貢献出来ます。

カイオーガの対策

カイオーガの対策方法

火力の大部分が水技なので、水技のダメージを大きく抑えられるポケモンであれば安定して相手が出来ます。

ただし半減程度では天候補正込みでゴリ押されてしまう可能性があるので、1/4に出来るポケモンや特性で無効化出来るポケモンをチョイスしましょう。

また、最大火力の「しおふき」はHPで火力が変動するので先制技で削る、きあいのタスキで耐えて大幅に削って後続へのダメージを軽減するなどでも対応が可能な場合があります。

特殊耐久の高い受けポケモンで受けられる場合もありますが、こだわりメガネやしんぴのしずくなどの火力増強アイテムを持っていた場合は受け出しが成立しない場合も多いです。

カイオーガ対策のおすすめポケモン

ポケモン

レジエレキ

こだわりメガネ型など

こだわりスカーフを持った最速カイオーガよりも素早さが高く、先制して弱点技での攻撃が可能なので対面であれば脅威を大きく削ぐ事が出来る。

ボルトチェンジでの対面操作、エレキネットでの素早さ弱体化など複数の択が取れるのも魅力。

ただし威力半減やひかりのかべ込みでもしおふきは耐えないので注意。

トリトドン にしのうみ

特殊受け型など

特性によって水技を完全に無効化出来、回復技も持っている事からカイオーガ単体であれば対応し切れる性能を持っている。

ルンパッパ

アタッカー型など

水技を1/4で受けられ、特性「すいすい」によって相手の天候上書きを利用して素早さを大幅に上げて先制する事が出来る。

カイオーガに対して抜群の技を使用出来る点やセットで来やすい草タイプにも不利を取らない点も優秀。

ゴリランダー

鉢巻アタッカー型など

素早さに関係なく先制の弱点技で大きく削る事が可能。チョッキ型などでない場合受け出しは厳しいシーンが多い。

 

準伝説の育成論
霊獣ランドロス カプ・レヒレ サンダー
ガラルファイヤー フェローチェ テッカグヤ
アーゴヨン ヒードラン レジエレキ
化身ボルトロス クレセリア カプ・テテフ
カプ・コケコ
育成論メニュー

アーマーガア

アイアント

アシレーヌ

イエッサン♂

インテレオン

ウルガモス

エアームド

エースバーン

エルフーン

オーロンゲ

オノノクス

オンバーン

ガオガエン

カバルドン

カビゴン

カメックス

ガラガラ(アローラ)

ギャラドス

キュワワー

ギルガルド

キングドラ

コータス

コオリッポ

ゴリランダー

サニーゴ(ガラル)

サニゴーン

サメハダー

ジバコイル

ストリンダー

セキタンザン

テラキオン

トゲキッス

ドサイドン

ドラパルト

ドラミドロ

ドリュウズ

ニョロトノ

ニンフィア

バチンウニ

ハッサム

パッチラゴン

ハピナス

パルシェン

バンギラス

ヒヒダルマ(ガラル)

フシギバナ

ブリムオン

ポリゴン2

ポリゴンZ

マリルリ

ミミッキュ

モスノウ

ヤドラン

ラプラス

リザードン

ルガルガン(たそがれ)

ロトム

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ