【ソードシールド】アーゴヨンの育成論!フェアリータイプに強い高速ドラゴン!【ポケモン剣盾】

最終更新日
攻略大百科編集部

『ポケットモンスター ソード・シールド』(ポケモン剣盾)の追加DLC第二弾「冠の雪原」にて入手可能となった準伝説である「アーゴヨン」の対人戦に向けた育成論・調整を紹介しています。

アーゴヨンの基本情報

タイプ
どく ドラゴン
特性

ビーストブースト

自分の技で相手を倒したとき、最も高い能力の能力ランクが1段階上がる。

 アーゴヨンの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計

73

(314位)

73

(419位)

73

(382位)

127

(45位)

73

(366位)

121

(29位)

540

(127位)

 アーゴヨンのタイプ相性

4倍なし
2倍こおり じめん エスパー ドラゴン
0.5倍ほのお みず でんき かくとう どく むし
0.25倍くさ
無効なし

 アーゴヨンの解説

アーゴヨンは、どくタイプを持つことによってフェアリータイプに強いドラゴンポケモンであり、特攻、素早さの高さと技範囲の広さから特殊アタッカーとして強力です。中でも素早さ種族値121という値は環境上位に存在する多くの強力なポケモン達の上をとることができるため現環境において使いやすいということができます。

さらに、特性「ビーストブースト」や「わるだくみ」によって能力上昇をさせやすく、一度能力上昇をできると止められにくいため、全抜きを狙うことも可能です。

また、ダイマックス時に威力の下がる「ダイアシッド」もタイプ一致技であることから、火力を出しつつ特攻上昇をすることができるだけでなく、「エアスラッシュ」を覚えるため「ダイジェット」によって素早さを上げることもできるため、ダイマックスとも相性がいいということができます。

[PR]

アーゴヨンの育成論

スカーフ型

特性

ビーストブースト

性格

おくびょう(素早さ↑攻撃↓)

努力値

特攻252 特防4 素早さ252

実数値

148-×-93-179-94-190

持ち物

こだわりスカーフ

技構成

りゅうせいぐん

ヘドロウェーブ

だいもんじ

わるだくみ

その他の技候補

とんぼがえり、エアスラッシュ

スカーフ型の解説

「こだわりスカーフ」を持たせることで相手の「こだわりスカーフ」持ちポケモンや「ダイジェット」によって素早さを上げたポケモンの上をとって攻撃できるアタッカー型となっています。

努力値は「ダウンロード」対策として防御より特防を高くしており、素早さはダイマックス時にエースバーンやインテレオンに抜かれないように最速にしてあります。

技構成は「わるだくみ」を採用することで、有利対面で特攻を上げることができるだけでなく、ダイマックス時に「ダイウォール」で自身や相手のダイマックスターンの調整を行うことも可能です。

また、この型では相手を倒した際に発動する特性「ビーストブースト」で素早さが上昇します。

スカーフ型の運用方法

主な役割は「こだわりスカーフ」の効果を活かして、本来抜けないポケモンであるドラパルトやレジエレキなどを上から倒したり、「ダイジェット」によって素早さを上げたポケモンのストッパーとなることであり、中でも壁張り型のカプ・コケコやレジエレキには「ひかりのかべ」などを張らせずに倒すことができます。

エースバーンとの対面では「ダイドラグーン」からはいることで、相手の「ダイジェット」を2回受けることができるようになり、対面であれば突破することが可能です。

また、今回は「わるだくみ」を採用してありますが、「とんぼがえり」を採用することで初手出しが安定し、きあいのタスキ持ちポケモンやミミッキュの「ばけのかわ」の効果を潰しつつ有利対面に持っていくことが可能となります。

スカーフ型の与ダメージ

使用技

防御側

計算結果

りゅうせいぐん

特防4振り ドラパルト

166.8~198.7%

(確定1発)

特防4振り レジエレキ

120.0~141.2%

(確定1発)

特防4振り アーゴヨン

187.8~222.9%

(確定1発)

HP4振り ランドロス

80.0~94.5%

(確定2発)

ダイドラグーン

HP252振り ラティアス

100.5~119.7%

(確定1発)

無振り ウーラオス

101.1~118.8%

(確定1発)

特防4振り エースバーン

96.7~114.1%

(乱数1発)

ヘドロウェーブ

無振り カプ・コケコ

140.6~165.5%

(確定1発)

HP252振り カプ・レヒレ

72.3~85.5%

(確定2発)

HP4振り ミミッキュ

(ばけのかわダメ込み)

70.2~81.6%

(確定2発)

HP252振り ゴリランダー

104.3~122.7%

(確定1発)

HP244振り オーロンゲ

101.4~119.4%

(確定1発)

HP252振り アシレーヌ

77.0~90.9%

(確定2発)

だいもんじ

HP252振り ブリザポス

55.0~65.7%

(確定2発)

無振り ドリュウズ

94.0~111.3%

(乱数1発)

ダイバーン

HP252振り メタグロス

91.9~109.0%

(乱数1発)

HP4振り テッカグヤ

77.8~91.6%

(確定2発)

スカーフ型の被ダメージ

攻撃側

使用技

計算結果

攻撃252振り ランドロス

じしん

162.1~191.8%

(確定1発)

攻撃252振り エースバーン

(いのちのたま)

ダイジェット

116.8~137.8%

(確定1発)

ダイサイコ

233.7~275.6%

(確定1発)

特攻特化 アシレーヌ

ムーンフォース

75.6~89.8%

(確定2発)

攻撃252振り ミミッキュ

(いのちのたま)

じゃれつく

68.2~81.7%

(確定2発)

かげうち

29.7~37.1%

(乱数3発)

攻撃特化 ブリザポス

つららおとし

150.0~178.3%

(確定1発)

攻撃特化 メタグロス

しねんのずつき

135.1~159.4%

(確定1発)

特攻特化 ポリゴン2

れいとうビーム

85.1~101.3%

(乱数1発)

スカーフ型と相性のいいポケモン

ポケモン

ランドロス れいじゅうフォルム

とつげきチョッキ型

アーゴヨンが苦手とするじめん技を無効にし、アーゴヨンに対して強いヒードランに有効打を持てる。

テッカグヤ

たべのこし型など

タイプ相性による補完が良く、ランドロスなどのじめん物理ポケモンに強い。

アーゴヨンの対策

アーゴヨンの対策方法

アーゴヨンののメイン技となるドラゴン技、どく技はそれぞれフェアリータイプ、はがねタイプに無効にされるため、それらのタイプで相手をすることでダイマックスターン枯らしやこだわりアイテム所持の際に引かせることが可能です。中でもヒードランに対しては全くといっていいほど有効打がなく、アーゴヨンのあらゆる型に対してヒードランは強く出ていくことができます

また、「わるだくみ」や「ビーストブースト」によって能力上昇をされてしまうと止めることが難しくなるため、「わるだくみ」の積む隙を与えなかったり、「ビーストブースト」を発動させないために他のポケモンに引く手段をとることが重要です。

アーゴヨン対策のおすすめポケモン

ポケモン

ヒードラン

とつげきチョッキ型

アーゴヨンのメイン技をすべて半減以下で受けることができ、「だいちのちから」で弱点をつくことができる。

ウツロイド

とつげきチョッキ型など

特防が高いことでアーゴヨンから確定2発をとられず、突破されにくい。

 

準伝説の育成論
霊獣ランドロス カプ・レヒレ サンダー
ガラルファイヤー フェローチェ テッカグヤ
アーゴヨン ヒードラン レジエレキ
化身ボルトロス クレセリア カプ・テテフ
カプ・コケコ
育成論メニュー

アーマーガア

アイアント

アシレーヌ

イエッサン♂

インテレオン

ウルガモス

エアームド

エースバーン

エルフーン

オーロンゲ

オノノクス

オンバーン

ガオガエン

カバルドン

カビゴン

カメックス

ガラガラ(アローラ)

ギャラドス

キュワワー

ギルガルド

キングドラ

コータス

コオリッポ

ゴリランダー

サニーゴ(ガラル)

サニゴーン

サメハダー

ジバコイル

ストリンダー

セキタンザン

テラキオン

トゲキッス

ドサイドン

ドラパルト

ドラミドロ

ドリュウズ

ニョロトノ

ニンフィア

バチンウニ

ハッサム

パッチラゴン

ハピナス

パルシェン

バンギラス

ヒヒダルマ(ガラル)

フシギバナ

ブリムオン

ポリゴン2

ポリゴンZ

マリルリ

ミミッキュ

モスノウ

ヤドラン

ラプラス

リザードン

ルガルガン(たそがれ)

ロトム

ポケモン 最新予約ガイド

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ