【ソードシールド】サンダーの育成論!安定した火力を持つハイスペックな特殊アタッカー!【ポケモン剣盾】

最終更新日

『ポケットモンスターソード/シールド(ポケモン剣盾)』の対人戦で有用な準伝ポケモンの1匹「サンダー」の育成論や対策ポケモンを掲載しています。

サンダーの基本情報

タイプ
でんき ひこう
特性

プレッシャー

技を受けると相手の技のPPを1多く減らす。

レベルの高いポケモンと出会いやすくなる。

せいでんき 隠し特性

直接攻撃を受けると、30%確率で相手を「まひ」状態にする。

でんきタイプの野生ポケモンと出会いやすくなる。

 サンダーの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計

90

(165位)

90

(259位)

85

(262位)

125

(49位)

90

(195位)

100

(96位)

580

(62位)

 サンダーのタイプ相性

4倍なし
2倍こおり いわ
0.5倍くさ かくとう ひこう むし はがね
0.25倍なし
無効じめん

 サンダーの解説

全てのステータスが安定した高さにあり、中でも特攻、素早さに秀でているハイスペックなポケモンです。

高い攻撃性能や高火力一致ダイジェットを活かしたアタッカー型、弱点が少ない優秀な耐性と長期戦向きの特性、回復技の「はねやすめ」を活かした耐久型などが存在します。

バランスが良く攻めも守りも可能な性能ではありますが、有用な積み技が存在しないので高耐久回復技持ちで弱点を突けないポケモンなどはダイマックスを使用しても突破出来ない場合があり苦手となります。

[PR]

サンダーの育成論

珠アタッカー型

特性

せいでんき

性格

ひかえめ(特攻↑攻撃↓)

努力値

HP28 特攻228 素早さ252

実数値

169-×-105-191-110-152

持ち物

いのちのたま

技構成

ライジングボルト

ぼうふう

ねっぷう

はねやすめ

↳その他の候補はかいこうせんねごと

 珠アタッカー型の解説

火力と範囲を大きく取り、ダイマックスアタッカーとしての運用をメインにした型です。

高火力のタイプ一致ダイジェットを撃てるのが強みで、高めの素早さと合わせて一気に攻撃性能を高めていけます。

電気枠の「ライジングボルト」はダイマックス時に高火力であると同時に、「ダイサンダー」が使えていればダイマックス終了後も高火力の電気技として使用出来ますが、他にも頻繁にダイマックスを使用するポケモンが居る場合は「10まんボルト」に変えるのも有効です。

ダイウォールを使えるように最後の枠には耐久ポケモンと殴り合える可能性のある補助技の「はねやすめ」を入れていますが、サンダーミラーやパッチラゴン相手でも優位が取れる「ダイアタック」となる「はかいこうせん」や、同じく補助技の「ねごと」も有用です。

努力値は準速を取っていのちのたまダメージが最小になるようにHPに回し、残りを特攻に回した形になります。

 珠アタッカー型の運用方法

有利対面や初手でダイマックスを使用して数的有利を付けていく、または削った相手を起点にダイマックスを使用して全抜きを狙うのが主な役割です。

別のポケモンでステルスロックを使用しておいたり、耐性を活かしたサイクル戦で相手を削ってからダイマックスで火力を出していきましょう。

珠アタッカー型の与ダメージ

使用技

防御側

計算結果

ダイサンダー

HP特防特化カプ・レヒレ

111.8~133.8%

(確定1発)

HP228振りテッカグヤ

164.1~194%

(確定1発)

特防4振りダイマックスエースバーン

67~79.3%

(確定2発)

HP無振りダイマックスサンダー

54.8~64.8%

(確定2発)

HP4振りミミッキュ

122.1~143.5%

(確定1発)

ダイジェット

HP4振り霊獣ランドロス

120.6~142.4%

(確定1発)

HP244振りポリゴン2

59.6~71.2%

(確定2発)

HP4振りガブリアス

101.6~120.6%

(確定1発)

HP252振りクレセリア

58.5~68.7%

(確定2発)

無振りパッチラゴン

66~78.1%

(確定2発)

ダイバーン

HP252振りハッサム

(オッカのみ)

137.8~163.2%

(確定1発)

 珠アタッカー型の被ダメージ※ダイマックス状態で計算

攻撃側

使用技

計算結果

攻撃特化霊獣ランドロス

ダイロック

(130)

59.7~70.4%

(確定2発)

陽気珠エースバーン

キョダイカキュウ

55.3~65.6%

(確定2発)

陽気珠ミミッキュ

(攻撃+2段階)

ダイホロウ

(120)

70.4~83.1%

(確定2発)

無振りポリゴン2

れいとうビーム

23~27.8%

(乱数4発)

特攻特化テッカグヤ
(特攻+1段階)

メテオビーム

63.3~75.1%

(確定2発)

攻撃特化パッチラゴン

でんげきくちばし

(170)

67.7~79.8%

(確定2発)

珠アタッカー型と相性のいいポケモン

ポケモン

テラキオン

きあいのタスキ型

サンダーの苦手なポケモンに有効打を持ちやすく、ステルスロックでのサポートも可能。

サンダーの対策

サンダーの対策方法

特殊攻撃を主体とする高い攻撃性能を持っていますが、火力増強手段が無いので回復技を持つ数値受けを突破する手段に乏しいのが特徴です。

また、一部のポケモンに対しては有効打が少ないのでダイマックス込みでもダメージレースで優位に立てる場合があります。

サンダー対策のおすすめポケモン

ポケモン

ポリゴン2

特殊受け型

物理受けとして育成していると厳しいですが、特殊耐久に大きく割いている場合後出しでも受けが成立します。

クレセリア

めいそう型

やや特殊耐久に割く必要がありますが、後出しからでも受けが成立します。

めいそう型で対面であれば逆に起点とする事も可能ですが、回復技のPPが少ない点には注意しましょう。

パッチラゴン

こだわりスカーフ型など

サンダーのメインウエポンを半減以下に抑えられ、ダメージレースで優位に立てます。

こちらがダイマックスを使用しない場合ダイジェット2発で処理される可能性がある点には注意しましょう。

 

育成論メニュー

アーマーガア

アイアント

アシレーヌ

イエッサン♂

インテレオン

ウルガモス

エアームド

エースバーン

エルフーン

オーロンゲ

オノノクス

オンバーン

ガオガエン

カバルドン

カビゴン

カメックス

ガラガラ(アローラ)

ギャラドス

キュワワー

ギルガルド

キングドラ

コータス

コオリッポ

ゴリランダー

サニーゴ(ガラル)

サニゴーン

サメハダー

ジバコイル

ストリンダー

セキタンザン

テラキオン

トゲキッス

ドサイドン

ドラパルト

ドラミドロ

ドリュウズ

ニョロトノ

ニンフィア

バチンウニ

ハッサム

パッチラゴン

ハピナス

パルシェン

バンギラス

ヒヒダルマ(ガラル)

フシギバナ

ブリムオン

ポリゴン2

ポリゴンZ

マリルリ

ミミッキュ

モスノウ

ヤドラン

ラプラス

リザードン

ルガルガン(たそがれ)

ロトム

スイッチのゲームについて語りあおう!

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら