【ソードシールド】ジムチャレンジ環境考察!対策必須ポケモンは?【ポケモン剣盾】

最終更新日
攻略大百科編集部

『ポケットモンスターソード/シールド(ポケモン剣盾)』で11月12日(金)9:00~11月15日(月)8:59に開催されるインターネット公式大会「ジムチャレンジ」の環境考察や対策必須ポケモンを解説しています。

環境考察


S:環境の中心となる事が予想される。制圧力が高く対策は必須。アタッカー以外の活躍も可能
A:無対策だと半壊しかねないパワーを持つ。SランクやAランクのメタになっている場合もある
B:戦況を変える一芸と汎用性を持っており、上位にも比較的対抗可能
C:状況さえ整えば強力な動きが可能
D:上位含む環境の一部に対するメタや疑似ロックが可能だが不安点も多い
E:嵌れば強力な性能と言えるが環境的に向かい風

使用可能ポケモン一覧はこちらの記事から

公式インターネット大会「ジムチャレンジ」開催決定!ジムリーダーの手持ちのみ使用可能なシングルバトル!

ニュース
『ポケットモンスターソード/シールド(ポケモン剣盾)』の公式大会「ジムチャレンジ...
続きを読む

鋼タイプが極端に少なく(ジュラルドン・クチートのみ)、それに伴って岩タイプや氷タイプが止まりづらい環境となっており、特にバンギラスやヒヒダルマと言った高火力アタッカーには注意が必要です。

受けを遂行するポケモンの中にヌオーが居る為、そこを突破出来る性能があるかどうかがエースアタッカーには求められる状況にもなっています。

Sランクに対抗しやすいギガイアスを中心としたトリックルームパーティや、バンギラスにもラプラスにも火力を出せるカジリガメ+aでの制圧を目指す雨パーティも一定以上の存在感を持ちますが、受けに回った際の対応力の低さがネックになると予想されます。

ミミッキュ、オーロンゲ、ツボツボ、マタドガスなど起点を作れるポケモンも目立つ為、それらを意識した立ち回りと選出を行う事も勝率へ寄与するでしょう。

[PR]

注目のポケモン

ミミッキュ

タイプ
ゴースト フェアリー
特性

ばけのかわ

1回だけ敵からの攻撃ダメージを防ぎ、最大HPの1/8のダメージを受けてから姿が変わる

 ミミッキュの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計

55

(531位)

90

(259位)

80

(293位)

50

(545位)

105

(94位)

96

(131位)

476

(363位)

 ミミッキュのタイプ相性

4倍なし
2倍ゴースト はがね
0.5倍なし
0.25倍むし
無効ノーマル かくとう ドラゴン

 ミミッキュの解説

ランクマッチでも強力なポケモンとなっており、アタッカー、サポーター、ストッパーなど様々な運用が行われているポケモンですが、今大会で使用可能なポケモンの中では素早さが高い方となっている為、特にアタッカー型に注意が必要だと考えられます。

ミミッキュ対策のおすすめポケモン

ポケモン

ウインディ

物理受け型

特性「いかく」、おにび、あさのひざしなどによってアタッカーミミッキュを受けやすい

ヌオー

物理受け型

高めの物理耐久に加えて特性「てんねん」でランク補正を無効に出来る為、アタッカーミミッキュに対して有効に働きやすい。ウッドハンマーには注意。

トゲキッス

タイプ
フェアリー ひこう
特性

はりきり

「こうげき」が1.5倍になるが、技の命中率が4/5になる。

レベルの高いポケモンと出会いやすくなる。

てんのめぐみ

追加効果の出やすさが2倍にアップ。

きょううん 隠し特性

自分の技が急所に当たりやすくなる。

 トゲキッスの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計

85

(203位)

50

(610位)

95

(158位)

120

(67位)

115

(59位)

80

(255位)

545

(125位)

 トゲキッスのタイプ相性

4倍なし
2倍でんき こおり どく いわ はがね
0.5倍くさ あく
0.25倍かくとう むし
無効じめん ドラゴン

 トゲキッスの解説

広い技範囲とタイプ一致のダイジェットが使用可能なダイマックスアタッカーとして活躍していたポケモンです。

「わるだくみ」や「じゃくてんほけん」で火力を高める事も可能な為、体制が整ってしまうと一気に全抜きされる可能性もあります。

あさのひざしなどを絡めて耐久を活かす型や、こだわりスカーフとエアスラッシュによる先制ひるみで削っていく型なども存在する為相手の手持ちなどからしっかりと見極めていきましょう。

 トゲキッス対策のおすすめポケモン

ポケモン

ギガイアス

ダイマックス型

メジャーなトゲキッスの型にはギガイアスに抜群を取れる技が入っておらず、対面でダイマックスをすればすなあらし状態による特防アップの恩恵もありほとんど突破される事がありません。

こちらは抜群を取ったりステータスを上げたりと言った余裕もある為優位を取れるポポケモンと言えます。

ラプラス

とつげきチョッキ型

特殊耐久が高く抜群を取られづらい為後出しからでも対応可能な可能性があるポケモンです。

キョダイマックス技によって抜群を突きつつ味方の耐久を上げられる点も優秀ですが、「じゃくてんほけん」や「ピントレンズ」+「きょううん」によって実質無効化されてしまう可能性があるので使用タイミングには注意しましょう。

バンギラス

タイプ
いわ あく
特性

すなおこし

戦闘に出ると5ターンの間、天気が「すなあらし」になる。

きんちょうかん 隠し特性

相手が「きのみ」を使えなくなる。

 バンギラスの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計

100

(73位)

134

(32位)

110

(86位)

95

(169位)

100

(113位)

61

(416位)

600

(33位)

 バンギラスのタイプ相性

4倍かくとう
2倍みず くさ じめん むし はがね フェアリー
0.5倍ノーマル ほのお どく ひこう ゴースト あく
0.25倍なし
無効エスパー

 バンギラスの解説

高い耐久と火力に広い技範囲を持ち、今回の環境では特に岩タイプの通りが良く一度りゅうのまいなどで抜き体制を整えられるとそのまま試合が終了しかねない制圧力を持っている上に、ステルスロックやでんじはなどサポーターやクッションとしての動きも可能と様々な活躍が可能な為、バンギラスを高速で処理出来るポケモンや立ち回りは必須と言えます。

他Sランクのポケモンで弱点を突けるものの、「じゃくてんほけん」を持っている事もあるのでダイマックスアタッカーだと感じたら非弱点で削る立ち回りも重要です。

 バンギラス対策のおすすめポケモン

ポケモン

ヌオー

物理受け型

特性「てんねん」によって能力上昇を無視して受けが可能

カポエラー

汎用型

特性「いかく」によって後投げも可能で、高火力格闘技+先制技で多くの場合対処が可能

ラプラス

タイプ
みず こおり
特性

ちょすい

みずタイプの技を受けると、ダメージや効果を受けずに最大HPの1/4のHPが回復する。

シェルアーマー

相手からの攻撃が急所に当たらない。

うるおいボディ 隠し特性

天気が「あめ」の時、ターン終了時に状態異常が治る。

 ラプラスの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計

130

(18位)

85

(297位)

80

(293位)

85

(258位)

95

(145位)

60

(418位)

535

(138位)

 ラプラスのタイプ相性

4倍なし
2倍でんき くさ かくとう いわ
0.5倍みず
0.25倍こおり
無効なし

 ラプラスの解説

キョダイマックス技の「キョダイセンリツ」によって味方全体の立ち回りを強固にし、自身も高い耐久と一定以上の火力で圧力をかけていけます。

「とつげきチョッキ」を持つ事で特殊ポケモン全体に強く出られ、フリーズドライによってヌオーや水タイプにもしっかりとダメージを取れる他、ぜったいれいどで薄いチャンスをつかむ事も可能となっています。

「じゃくてんほけん」を持っている場合がありますが、素早さを強化する手段を多くは持っていないのでじゃくてんほけんが発動されても倒し切れるプラン、凌ぎ切れるプランを選択して立ち回りましょう。

 ラプラス対策のおすすめポケモン

ポケモン

バンギラス

ダイマックス型・特殊受け型など

砂嵐状態によって特防上昇をしていれば1撃で倒される事は無い為、ダイマックスが切れるまでの時間稼ぎや逆にじゃくてんほけんのトリガーにして切り返す事が可能

ラプラス

とつげきチョッキ型

一番高い火力となる水技を無効化しつつ高い特殊耐久によって受けが成立しやすい。電気技を持っている場合も多い為、ラプラスをラプラスで受ける場合には自分ラプラスのHP管理に注意

注目の受けポケモン

ヌオー

タイプ
みず じめん
特性

しめりけ

お互いの「じばく」「だいばくはつ」が不発になる。「ゆうばく」も効果がなくなる。

ちょすい

みずタイプの技を受けると、ダメージや効果を受けずに最大HPの1/4のHPが回復する。

てんねん 隠し特性

相手の「のうりょく」の変化による影響を受けない。

 ヌオーの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計

95

(112位)

85

(297位)

85

(262位)

65

(391位)

65

(425位)

35

(646位)

430

(447位)

 ヌオーのタイプ相性

4倍くさ
2倍なし
0.5倍ほのお どく いわ はがね
0.25倍なし
無効でんき

 ヌオーの解説

特性「てんねん」と高めの物理耐久によって受けを遂行するポケモンで、今大会で猛威を奮うと思われるバンギラスやミミッキュ、ヒヒダルマのストッパーとなれる事が予想されます。

回復技、どくどく、睡眠技など受けとして求められる技を一通り揃えており、無対策ではヌオーを突破出来ない詰みの状況を作られてしまう事もある為、「草技」「ちょうはつ」「高火力特殊技」などを選出に組み込んでしっかりと対応しましょう。

ドヒドイデ

タイプ
どく みず
特性

ひとでなし

相手が「どく」「もうどく」状態の時、自分の攻撃が必ず急所に当たる。

じゅうなん

麻痺状態にならない。

さいせいりょく 隠し特性

戦闘から引っ込むと、最大HPの1/3だけ回復する。

 ドヒドイデの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計

50

(566位)

63

(518位)

152

(10位)

53

(538位)

142

(11位)

35

(646位)

495

(265位)

 ドヒドイデのタイプ相性

4倍なし
2倍でんき じめん エスパー
0.5倍ほのお みず こおり かくとう どく むし はがね フェアリー
0.25倍なし
無効なし

 ドヒドイデの解説

両耐久が高く、毒+回復技や特性のさいせいりょくでじわじわとHPを削っていくポケモンです。

今大会では高火力で一致抜群を取る事がやや難しく、立ち回りの中で隙を見て積み技を使用して火力を上げる事で突破したいポケモンですが、特に対面だとくろいきりで能力変化をリセットされる可能性もある点は留意しておきましょう。

火力が著しく低く、ほとんどの場合みがわりを破壊する事が出来ないのでみがわりやちょうはつなどで対策が可能です。

キレイハナ

タイプ
くさ
特性

ようりょくそ

天気が「ひざしがつよい」の時、「すばやさ」が2倍になる。

いやしのこころ 隠し特性

自分以外の味方の状態異常がターン終了時に1/3の確率で治る。

キレイハナの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計

75

(278位)

80

(350位)

95

(158位)

90

(228位)

100

(113位)

50

(504位)

490

(291位)

 キレイハナのタイプ相性

4倍なし
2倍ほのお こおり どく ひこう むし
0.5倍みず でんき くさ じめん
0.25倍なし
無効なし

 キレイハナの解説

特別耐久が高くはありませんがちからをすいとるを覚える為、物理ポケモンに対して回復と攻撃ダウンを同時に行って受けを遂行する事が出来ます。

単草タイプなので耐性面は優秀とは言い難いですが、やどりぎのたねやねむりごなと言った搦め手も持っている為、物理ポケモン主体でパーティを組む場合は警戒してもいい相手です。

コメント一覧

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。

関連カテゴリ・タグ