【ソードシールド】ニンフィア育成論|受け&対面操作の特殊アタッカー【ポケモン剣盾】

最終更新日
1
件のコメント

『ポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)』のランクバトルなどの対人戦において強力なポケモンである「ニンフィア」の「たべのこし型」の育成論を掲載しています。

ニンフィアの基本情報

タイプ
フェアリー
特性

メロメロボディ

直接攻撃を受けると、30%確率で性別の違う相手を「メロメロ」状態にする。

違う性別の野生のポケモンと出会いやすくなる。

フェアリースキン 隠し特性

自分が出したノーマルタイプの技がフェアリータイプになり、威力が1.3倍になる。

 ニンフィアの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計

95

(106位)

65

(459位)

65

(435位)

110

(83位)

130

(22位)

60

(406位)

525

(152位)

 ニンフィアのタイプ相性

4倍なし
2倍どく はがね
0.5倍かくとう むし あく
0.25倍なし
無効ドラゴン

 ニンフィアの解説

特性「フェアリースキン」と「ハイパーボイス」の組み合わせによってフェアリータイプの中でもトップクラスの高威力フェアリー技を打つことができるのが特徴のポケモンです。

技範囲も広く補助技も多いため、「フェアリースキン」による高威力技を用いたアタッカー型であったり、特殊耐久の高さを活かした受け寄りの型などが考えられ、パーティによって様々な役割を担うことができます。

またダイマックスで運用する場合、ノーマル技は「フェアリースキン」によって「ダイフェアリー」になりますが、威力に1.2倍の補正は乗らないので注意が必要です。

ニンフィアの育成論

たべのこし型

特性

フェアリースキン

性格

ずぶとい(防御↑攻撃↓)

努力値

HP244 防御172 特攻4 特防60 素早さ28

実数値

201-×-117-131-158-84

持ち物

たべのこし

技構成

ハイパーボイス

めいそう

あくび

まもる

たべのこし型の解説

基本的にクッションとしての運用や相手のダイマックス枯らしを目的とした型となっていますが、隙をついて「めいそう」を積むことでアタッカーとしての運用もすることができます。

調整は、防御に珠エースバーンの「キョダイカキュウ」確定耐えまで振ることで、大抵の物理ポケモンのダイマックスターンを枯らすことができるようになっており、素早さは60族抜きを意識して振っているため、ポリゴン2やラプラスを起点に上から「めいそう」を積むことができます。

また、「まもる」を「みがわり」にすることで「めいそう」を積むタイミングが増えたり、「マジカルフレイム」を採用することでナットレイやジバコイルなどへの汎用性も高まるため、パーティの重いポケモンによって技構成を変えることで運用の幅が広がります。

たべのこし型の運用方法

物理耐久の低いニンフィアに対して出てきやすいエースバーンなどのダイマックスターンを「あくび」や「まもる」で枯らすことで控えのポケモンを通しやすくしたり、既存の特殊耐久を活かして特殊ポケモンを「めいそう」の起点に全抜きを狙うこともできます。

中でもポリゴン2やトゲキッスなどには強く出ていくことができるため、不利対面であれば「あくび」で流して有利対面を作り出していきましょう

また、エースバーンの「キョダイカキュウ」は耐えることができるため、エースバーンに対しては「あくび」から入ることでダイマックスターンを枯らすことができます。

たべのこし型の与ダメージ

使用技

防御側

計算結果

ハイパーボイス

特防4振りドラパルト

103.0~121.4%

(確定1発)

砂下無振りバンギラス

51.4~61.7%

(確定2発)

HP4振りトゲキッス

37.2~44.7%

(確定3発)

HP252振りカバルドン

40.4~47.9%

(確定3発)

HP252振り輝石ポリゴン2

25.0~29.6%

(確定4発)

HP252振りウォッシュロトム

40.7~48.4%

(確定3発)

たべのこし型の被ダメージ

攻撃側

使用技

計算結果

特攻特化ポリゴン2

トライアタック

25.3~29.8%

(確定4発)

特攻252振りトゲキッス

ダイジェット

40.2~47.7%

(確定3発)

特攻特化ラプラス

キョダイセンリツ

34.8~41.7%

(確定3発)

特攻特化ウォッシュロトム

ダイストリーム

43.2~51.2%

(乱数2発)

特攻特化ジバコイル

ラスターカノン

57.7~68.6%

(確定2発)

攻撃252振り珠エースバーン

キョダイカキュウ

84.0~99.5%

(確定2発)

攻撃特化珠ギャラドス

ダイジェット

78.1~93.0%

(確定2発)

攻撃252振りドラパルト

ダイホロウ

54.2~64.1%

(確定2発)

攻撃特化ゴリランダー

キョダイコランダ

97.0~113.9%

(乱数1発)

攻撃特化パッチラゴン

でんげきくちばし

67.6~80.5%

(確定2発)

たべのこし型と相性のいいポケモン

ポケモン

カバルドン

きのみ型

ニンフィアの弱点である物理はがね技を受けることができ、「ステルスロック」を撒くことでニンフィアでの「あくび」ループに持っていくことができる。

ギャラドス

りゅうのまい型

ニンフィアの弱点であるはがね技を受けることができ、ニンフィアの「あくび」による起点作りと「りゅうのまい」の相性がいい。

 

育成論メニュー

アーマーガア

アイアント

アシレーヌ

イエッサン♂

インテレオン

ウルガモス

エアームド

エースバーン

エルフーン

オーロンゲ

オノノクス

オンバーン

ガオガエン

カバルドン

カビゴン

カメックス

ガラガラ(アローラ)

ギャラドス

キュワワー

ギルガルド

キングドラ

コータス

コオリッポ

ゴリランダー

サニーゴ(ガラル)

サニゴーン

サメハダー

ジバコイル

ストリンダー

セキタンザン

テラキオン

トゲキッス

ドサイドン

ドラパルト

ドラミドロ

ドリュウズ

ニョロトノ

ニンフィア

バチンウニ

ハッサム

パッチラゴン

ハピナス

パルシェン

バンギラス

ヒヒダルマ(ガラル)

フシギバナ

ブリムオン

ポリゴン2

ポリゴンZ

マリルリ

ミミッキュ

モスノウ

ヤドラン

ラプラス

リザードン

ルガルガン(たそがれ)

ロトム

コメント一覧(1)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

フェアリースキンはソード&シールドでは威力上昇倍率が1.2倍へと下がっています
ダメージ計算の値はしっかりと1.2倍の倍率で計算されていました



記事へのご指摘・ご意見はこちら