【ソードシールド】カイリューの育成論!安定した積みを行える広範囲アタッカー!【ポケモン剣盾】

最終更新日

『ポケットモンスターソード/シールド(ポケモン剣盾)』の対人戦で有用なポケモンの1匹「カイリュー」の育成論を掲載しています。

カイリューの基本情報

タイプ
ドラゴン ひこう
特性

せいしんりょく

相手の技の追加効果でひるまない。

マルチスケイル 隠し特性

HPが満タンの時、受けるダメージが半分になる。

 カイリューの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計

91

(158位)

134

(32位)

95

(158位)

100

(133位)

100

(113位)

80

(255位)

600

(33位)

 カイリューのタイプ相性

4倍こおり
2倍いわ ドラゴン フェアリー
0.5倍ほのお みず かくとう むし
0.25倍くさ
無効じめん

 カイリューの解説

高い攻撃種族値と広い技範囲に先制技を持ち、特性「マルチスケイル」を盾に強力な積み技である「りゅうのまい」やダイジェットを使用する事で抜き性能を高めやすいのが特徴のポケモンです。

素の耐久や攻撃も高く、特攻も役割破壊出来る程の数値と技範囲なので環境やパーティーによって様々な運用が可能となっています。

「マルチスケイル」によって攻撃を受けても倒れづらいので、耐久を火力に変えやすい「じゃくてんほけん」や、積みの妨害を狙う相手に対する対応策となる「ラムのみ」などと特に相性が良いです。

物理アタッカー型がメジャーではありますが、回復技や拘束技なども覚える事から耐久型や、豊富な範囲から特殊型など様々な型が存在します。

マルチスケイルを採用する際の共通弱点として、攻撃を受ける前にHPが満タン保てなくなる天候ダメージやステルスロックマルチスケイルが初撃しか適用されない連続技が挙げられます。これらを使ってくる相手には注意して運用を行いましょう。

[PR]

カイリューの育成論

弱点保険型

特性

マルチスケイル

性格

ようき(素早さ↑特攻↓)

努力値

HP4 攻撃252 素早さ252

実数値

167-186-115-×-120-145

持ち物

じゃくてんほけん

技構成

げきりん

ダブルウイング

ほのおのパンチ

りゅうのまい

↳その他の候補しんそくばかぢからアイアンヘッドじしんからげんきれいとうパンチ

 弱点保険型の解説

攻撃と素早さを最大限に伸ばし、積みアタッカーとしての性質を高めきった型です。

「りゅうのまい」「じゃくてんほけん」の片方でも発動出来れば抜き性能が一気に高まり、アタッカーとしての大活躍が見込める上、両方発動すれば攻撃3段階上昇と凄まじい突破力を獲得出来ます。

素早さは、1段階上昇で「217」となり、最速ドラパルトを抜く事が出来ます。

技候補は一致技2種類+りゅうのまいまでは安定した選択肢ですが、他の技も非常に優秀なのでパーティーや環境と相談して決定していきましょう。

範囲としては飛行+鋼の複合タイプにも打点を持てる「ほのおのパンチ」が優秀です。

 弱点保険型の運用方法

積みサポートを起用してのエースアタッカー、サイクルを回す中で積む積みサイクルなど様々な構築や動きで活躍が出来ます。先制技を持たせた場合は詰めのエースとしても運用可能です。

積んでから攻撃は勿論ですが、ダイマックス+マルチスケイルで弱点を受けて攻撃を、ダイジェットで素早さを上昇させる事でも抜き性能が整うのでどちらも視野に入れて運用しましょう。

4倍弱点を突いてくる連続技持ちや相手のステルスロックが通りやすい場合は選出を控えるのが無難です。

弱点保険型の与ダメージ※攻撃+1段階で計算

使用技

防御側

計算結果

ダイジェット

HP4振り霊獣ランドロス

112.7~133.3%

(確定1発)

無振りダイマックスエースバーン

69~81.6%

(確定2発)

HP252振りカプ・レヒレ

86.4~101.6%

(乱数1発)

HP4振りミミッキュ

77.8~91.9%

(確定2発)

無振りダイマックスアーゴヨン

74.3~87.5%

(確定2発)

無振りガラルファイヤー

56.3~66.6%

(確定2発)

ダイバーン

HP防御特化テッカグヤ

78.4~93.1%

(確定2発)

HP252振りダイマックスブリザポス

43.9~52.1%

(乱数2発)

HP防御特化ナットレイ

(オッカのみ)

75.1~89.5%

(確定2発)

 弱点保険型の被ダメージ※マルチスケイルで計算

攻撃側

使用技

計算結果

陽気珠ドラパルト

ドラゴンアロー

32.9~39.5%

(乱数3発)

※1発当たり

陽気珠ミミッキュ

ダイフェアリー

70.6~83.8%

(確定2発)

攻撃特化バンギラス

ダイロック

(130)

77.8~92.2%

(確定2発)

攻撃特化

ダイアイス

104.1~123.3%

(確定1発)

陽気珠エースバーン

ダイジェット

41.9~49.7%

(確定3発)

陽気攻撃+1段階カイリュー

ダイジェット

53.2~62.8%

(確定2発)

臆病特攻+1段階ウツロイド

メテオビーム

90.4~106.5%

(乱数1発)

臆病珠アーゴヨン

りゅうせいぐん

85~101.1%

(乱数1発)

弱点保険型と相性のいいポケモン

ポケモン

ラグラージ

起点作り型

ステルスロック、あくびでの積みサポートが可能

カイリューの対策

カイリューの対策方法

最も簡単な対策は「つららばり」「トリプルアクセル」などの4倍弱点連続技を使用する事です。

その他にもステルスロックや天候ダメージでHPを少しでも削れば実質耐久が一気に落ちるので殴り合いが行い易くなります。

ボルトチェンジ、とんぼがえりなどでマルチスケイルを無効化し、カイリューよりも速いポケモンやスカーフ持ちのポケモンで攻撃などでも有効なダメージを与えやすいので、相手にマルチスケイルを残させない立ち回りを意識しましょう。

カイリュー対策のおすすめポケモン

ポケモン

マンムー

起点作り型

ステルスロック、つららばりとカイリューに有効な技を多く使用出来汎用性も高い

フェローチェ

きあいのタスキ型

最速素早さ+1段階カイリューよりも速く、「トリプルアクセル」でマルチスケイルを無効化しつつ大ダメージを与えられる。先制技には注意。

 

準伝説の育成論
霊獣ランドロス カプ・レヒレ サンダー
ガラルファイヤー フェローチェ テッカグヤ
アーゴヨン ヒードラン レジエレキ
化身ボルトロス クレセリア カプ・テテフ
カプ・コケコ
育成論メニュー

アーマーガア

アイアント

アシレーヌ

イエッサン♂

インテレオン

ウルガモス

エアームド

エースバーン

エルフーン

オーロンゲ

オノノクス

オンバーン

ガオガエン

カバルドン

カビゴン

カメックス

ガラガラ(アローラ)

ギャラドス

キュワワー

ギルガルド

キングドラ

コータス

コオリッポ

ゴリランダー

サニーゴ(ガラル)

サニゴーン

サメハダー

ジバコイル

ストリンダー

セキタンザン

テラキオン

トゲキッス

ドサイドン

ドラパルト

ドラミドロ

ドリュウズ

ニョロトノ

ニンフィア

バチンウニ

ハッサム

パッチラゴン

ハピナス

パルシェン

バンギラス

ヒヒダルマ(ガラル)

フシギバナ

ブリムオン

ポリゴン2

ポリゴンZ

マリルリ

ミミッキュ

モスノウ

ヤドラン

ラプラス

リザードン

ルガルガン(たそがれ)

ロトム

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ