【ソードシールド】ニョロトノ育成論|雨起動兼クッションで場をコントロール【ポケモン剣盾】

最終更新日

『ポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)』の対人戦で有用なポケモンの1匹「ニョロトノ」の「だっしゅつボタン型」の育成論を掲載しています。

ニョロトノの基本情報

タイプ
みず
特性

ちょすい

みずタイプの技を受けると、ダメージや効果を受けずに最大HPの1/4のHPが回復する。

しめりけ

お互いの「じばく」「だいばくはつ」が不発になる。「ゆうばく」も効果がなくなる。

あめふらし 隠し特性

戦闘開始後5ターンの間、天候が「あめ」になる。

 ニョロトノの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計

90

(159位)

75

(377位)

75

(336位)

90

(218位)

100

(109位)

70

(309位)

500

(224位)

 ニョロトノのタイプ相性

4倍なし
2倍でんき くさ
0.5倍ほのお みず こおり はがね
0.25倍なし
無効なし

 ニョロトノの解説

全体的に安定したステータスを持っており、特に特殊面が優秀です。

特性「あめふらし」によって場に出た時に天候を雨状態に出来るので、「すいすい」を軸としたアタッカーや水タイプがメインウエポンのポケモンと相性が良いです。

ニョロトノ自身も水技の火力が上がる上に氷・エスパー・草・格闘・地面など多様なタイプが使え、「ほろびのうた」「アンコール」など優秀な変化技も持っているので持ち物や持たせたい役割に合わせて柔軟に育成が可能という点がペリッパーとの違いとなっています。

一方で草タイプが抜群という、ペリッパーには無い現環境での弱点もあるので注意しましょう。

ニョロトノの育成論

脱出ボタン型

特性

あめふらし

性格

ひかえめ(特攻↑攻撃↓)

努力値

HP96 防御76 特攻156 特防4 素早さ180

実数値

177-×-105-143-121-113

持ち物

だっしゅつボタン

技構成

ねっとう

れいとうビーム

だいちのちから

ほろびのうた

(その他の候補:なみのりきあいだま

 脱出ボタン型の解説

即座にすいすいアタッカーに繋げてアタッカーに繋げられる型です。

ニョロトノが攻撃を受けて交代するので、交代先のポケモンをダメージが入る事なく場に出せます。

その他、相手の攻撃を安全にやり過ごして有利対面を作りたいポケモンが居る場合なども、場に出ているポケモンからニョロトノに交代→だっしゅつボタンで有利対面を作れるポケモンに交代。という形で安全に有利対面を作る事が出来ます。

素早さは準速60抜き(ジバコイル・ラプラスなど)となっています。

 脱出ボタン型の運用方法

先発で雨エースの補助や、低速の相手を削って即繋げたいシーンに出し、ダイマックスエースの起点などにしましょう。

高火力物理技や高威力で弱点を突いてくる相手だと耐えられずに落ちてしまう可能性が高いので、該当ポケモンを敬遠出来るポケモンなどを用意しておくとより安定します。

脱出ボタン型の与ダメージ

使用技

防御側

計算結果

だいちのちから

HP252振りジバコイル

110.7~131%

(確定1発)

ねっとう

※天候込み

HP244振りトゲキッス

38.2~45.5%

(確定3発)

HP244振りポリゴン2

31.9~38.2%

(乱数3発)

HP4振りミミッキュ

60.3~71.7%

(確定2発)

れいとうビーム

HP252振りドラパルト

52.3~62.5%

(確定2発)

無振りゴリランダー

61.7~73.1%

(確定2発)

 脱出ボタン型の被ダメージ

攻撃側

使用技

計算結果

陽気珠ミミッキュ

ダイフェアリー

73.4~86.4%

(確定2発)

陽気珠エースバーン

ダイジェット

86.4~102.2%

(乱数1発)

陽気ゴリランダー

グラススライダー

※フィールド込み

98.3~116.3%

(乱数1発)

陽気ドリュウズ

じしん

57.6~67.7%

(確定2発)

無振りポリゴン2

ほうでん

36.1~42.9%

(確定3発)

特攻特化ポリゴン2

ダイサンダー

79~93.7%

(確定2発)

特攻特化珠トゲキッス

ダイジェット

84.1~100%

(乱数1発)

脱出ボタン型と相性のいいポケモン

ポケモン

キングドラ

すいすいアタッカー型

特性「すいすい」で強力なアタッカーとなり、ダイマックスを使用せずとも活躍が可能になる。

ハッサム

アタッカー型

ニョロトノの苦手なゴリランダーなどを後出しで見やすく、ハッサムの弱点である炎技の威力を雨状態で弱体化出来る。

 

育成論メニュー

アーマーガア

アイアント

アシレーヌ

イエッサン♂

インテレオン

ウルガモス

エアームド

エースバーン

エルフーン

オーロンゲ

オノノクス

オンバーン

ガオガエン

カバルドン

カビゴン

カメックス

ガラガラ(アローラ)

ギャラドス

キュワワー

ギルガルド

キングドラ

コータス

コオリッポ

ゴリランダー

サニーゴ(ガラル)

サニゴーン

サメハダー

ジバコイル

ストリンダー

セキタンザン

テラキオン

トゲキッス

ドサイドン

ドラパルト

ドラミドロ

ドリュウズ

ニョロトノ

ニンフィア

バチンウニ

ハッサム

パッチラゴン

ハピナス

パルシェン

バンギラス

ヒヒダルマ(ガラル)

フシギバナ

ブリムオン

ポリゴン2

ポリゴンZ

マリルリ

ミミッキュ

モスノウ

ヤドラン

ラプラス

リザードン

ルガルガン(たそがれ)

ロトム

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら