【ソードシールド】ガオガエンの育成論!高い汎用性のサブアタッカー!【ポケモン剣盾】

最終更新日
3
件のコメント
攻略大百科編集部

『ポケットモンスターソード/シールド』でシーズン4に解禁されたガオガエンの「チョッキ汎用型」「珠アタッカー型」「鬼火物理受け型」の育成論を掲載しています。

ガオガエンの概要

ガオガエン   ほのお あく

HP 95

攻撃 115

防御 90

合計 530

特攻 80

特防 90

素早 60

特性 もうかいかく *

タイプ相性

4倍なし
2倍みず かくとう じめん いわ
0.5倍ほのお くさ こおり ゴースト あく はがね
0.25倍なし
無効エスパー

解説

特殊物理共に安定した耐久と、特性の「いかく」によって繰り出し性能対面性能共に高いという使い勝手の良いポケモンです。

素の火力も低くなく、高火力一致技に加えてアタッカー性能を高める「つるぎのまい」「アクロバット」や、サイクル性能を上げる「とんぼがえり」「バークアウト」「すてゼリフ」なども覚えるのでパーティに合わせて育成をする事で最大限にその強みを引き出してあげられます!

ガオガエンの育成例

チョッキ汎用型

性格

いじっぱり

努力値振り

H244 A196 S68

実数値

201-176-110-×-110-89

持ち物

とつげきチョッキ

技構成

フレアドライブ

DDラリアット

ばかぢから

とんぼがえり

与ダメージ計算

☆フレアドライブ☆

防御側

計算結果

H4振りドリュウズ

161.2~190.3%(確定1発)

HB特化アーマーガア

74.1~88.7%(確定2発)

H4振りミミッキュ

90~107.6%(乱数1発)

☆ばかぢから☆

防御側

計算結果

H252振りダイマックスバンギラス

70.8~83.4%(確定2発)

B252振りカビゴン

57.8~68.9%(確定2発)

H4振りサザンドラ

87.4~102.9%(乱数1発)

☆DDラリアット☆

防御側

計算結果

無振りドラパルト

110.4~130%(確定1発)

B252振りカビゴン

31~37%(乱数3発)

被ダメージ計算

攻撃側

計算結果

A-1陽気珠ドラパルトの130ダイドラグーン

49.2~58.7%(乱数2発)

A+1陽気ミミッキュの130ダイフェアリー

92~108.4%(乱数1発)

A-1陽気ドリュウズの130ダイアース

83.5~99.5%(確定2発)

陽気ヒヒダルマのばかぢから

78.6~93.5%(確定2発)

臆病サザンドラの眼鏡りゅうせいぐん

58.7~69.1%(確定2発)

C特化ウォッシュロトムの140ダイストリーム

83.5~98.5%(確定2発)

解説

初手で出てきやすいポケモンや採用率の高いポケモンに対して数値による行動保証があり、先発から後発までどこでも起用出来る型です。

抜群を取れるポケモンには物理特殊問わず対面でほぼ有利、相手から抜群を取られる場合でもほとんど一発耐えて「とんぼがえり」で有利対面を作れます。

耐久が高いのでダイマックスを使用するのも有効で、「ダイナックル」「ダイバーン」など火力を上げる手段もあるので後続に対して圧力もかけやすいです。

素早さは4振りアーマーガア抜きまで確保してあり、先に「てっぺき」や「ビルドアップ」を使用されて炎タイプとしての役割を果たせないのを防ぐ振り方となっています。

格闘技は確定1発に出来るポケモンが多くないので、「キョダイセンリツ」や壁貼りオーロンゲ意識の「かわらわり」も選択肢に挙がります。

総じて使いやすくまとまっており、「ドラパルト」「ミミッキュ」「ドリュウズ」などのシングルバトルで強力なポケモンに対しては五分以上の性能なので環境や構築を余り問わず採用出来る型です。

珠アタッカーガオガエン

性格

いじっぱり

努力値

H4 A252 S252

実数値

171-183-110-×-110-112

持ち物

いのちのたま

技構成

フレアドライブ

DDラリアット

アクロバット

インファイト

与ダメージ計算

☆ダイバーン☆

防御側

計算結果

H4振りトゲキッス

102.4~121.1%(確定1発)

H252振りウォッシュロトム

47.1~55.4%(乱数2発)

HB特化カバルドン

46.9~56.2%(乱数2発)

☆ダイアーク☆

防御側

計算結果

無振りダイマックスドラパルト

113.1~134%(確定1発)

H252振りロトム

87.8~104.4%(乱数1発)

被ダメージ計算

攻撃側

計算結果

A-1陽気珠ドラパルトの130ダイドラグーン

58.4~69%(確定2発)

A+1陽気ミミッキュの130ダイフェアリー

92~108.4%(乱数1発)

A-1陽気ドリュウズの130ダイロック

65.4~78.3%(確定2発)

A-1陽気ヒヒダルマのばかぢから

92.3~109.9%(乱数1発)

臆病サザンドラの珠りゅうせいぐん

76.1~91%(確定2発)

臆病珠ドラパルトの130ダイストリーム

103.5~123.3%(確定1発)

解説

特性「いかく」で物理相手への流し性能を保ちつつ火力に特化し、命の珠を持つことでダイマックスでの削り性能を最大限まで高めた型です。

有利対面、物理相手であればトドメや交代際の「ダイジェット」で素早さを上昇させてそのまま高火力で暴れていく事も出来ます。

非ダイマックスでも火力が高いので他のポケモンにダイマックスを取っておきたい場合、相手の控え的にダイマックスを切りたくない場合も削りに貢献していけます。

Sは無振りFCロトム(106)よりも高く、「ダイジェット」でS上昇すれば168まで上がるのでリザードン(167)サザンドラ(165)ミミッキュ(162)などを抜いたアタッカーとして運用出来ます。

無振りロトムより速いのは相手が後出しでウォッシュロトムなどを出してきた際にダイバーンを撃っていれば晴れ状態による火力上昇でH252振りを確定2発に収める事が出来、そうでない場合は型を絞れるのでその後の展開を有利に運ぶ為の情報を入手出来ます。

とつげきチョッキを持っていないので特殊耐久は高くなく、高火力特殊弱点などではあっさり落ちてしまうので相手によってダイマックスを切っても問題ないかどうか判断しましょう。

物理受け鬼火型

性格

わんぱく

努力値振り

H244 A4 B252 D4 S4

実数値

201-136-156-×-111-81

持ち物

オボンのみ

技構成

フレアドライブ

DDラリアットorちょうはつ

おにび

すてゼリフorとんぼがえり

与ダメージ計算

☆フレアドライブ☆

防御側

計算結果

H4振りドリュウズ

123.6~146.2%(確定1発)

HB特化アーマーガア

52.6~62.4%(確定2発)

H4振りミミッキュ

70.9~83.2%(確定2発)

H4振りヒヒダルマ

135.9~160.2%(確定1発)

被ダメージ計算※物理は威嚇込み

攻撃側

計算結果

陽気珠ギャラドスのダイストリーム

73.6~86.5%(確定2発)

陽気珠ギャラドスのダイジェット

36.8~43.2%(確定3発)

陽気ミミッキュのダイフェアリー

28.8~34.8%(乱数3発)

陽気ドリュウズのダイアース

57.7~69.6%(確定2発)

陽気ヒヒダルマのばかぢから

55.7~65.6%(確定2発)

臆病眼鏡ドラパルトのりゅうせいぐん

54.2~64.1%(確定2発)

C特化ウォッシュロトムのダイストリーム

95.5~113.4%(乱数1発)

解説

「いかく」や「おにび」によって高い物理受け性能を誇り、相手の物理アタッカーに対してパーティ単位で強くなる型です。

いかくによる攻撃ダウン、おにびによる火傷の攻撃ダウンどちらも入れてしまえば自分の後続にも引き継げる要素なのでガオガエンが落とされてしまった後でも味方が動きやすくなります。

これによって相手のダイマックスを消費させたり、物理耐久が低い味方のサポートをしたり、味方が積む隙を作ったりと言った運用が可能です。

交代技はすてゼリフであれば相手の流し際や「みがわり」を問わず使用する事で物理特殊問わず弱体化状態に、とんぼがえりであれば「きあいのタスキ」や「ばけのかわ」を消費させての交代が可能とどちらも性質が違うので、後続の味方に何をさせたいかで決定しましょう。

物理ポケモン相手のおにびはラムのみに注意して行い、どうしても積み技が気になる場合は「ちょうはつ」を採用するのも有効です。

耐久に大きく振ってはいますが、技威力が高く役割対象の耐久が高くない事で炎タイプとしての遂行もある程度行う事が出来ます。

 

準伝説の育成論
霊獣ランドロス カプ・レヒレ サンダー
ガラルファイヤー フェローチェ テッカグヤ
アーゴヨン ヒードラン レジエレキ
化身ボルトロス クレセリア カプ・テテフ
カプ・コケコ
育成論メニュー

アーマーガア

アイアント

アシレーヌ

イエッサン♂

インテレオン

ウルガモス

エアームド

エースバーン

エルフーン

オーロンゲ

オノノクス

オンバーン

ガオガエン

カバルドン

カビゴン

カメックス

ガラガラ(アローラ)

ギャラドス

キュワワー

ギルガルド

キングドラ

コータス

コオリッポ

ゴリランダー

サニーゴ(ガラル)

サニゴーン

サメハダー

ジバコイル

ストリンダー

セキタンザン

テラキオン

トゲキッス

ドサイドン

ドラパルト

ドラミドロ

ドリュウズ

ニョロトノ

ニンフィア

バチンウニ

ハッサム

パッチラゴン

ハピナス

パルシェン

バンギラス

ヒヒダルマ(ガラル)

フシギバナ

ブリムオン

ポリゴン2

ポリゴンZ

マリルリ

ミミッキュ

モスノウ

ヤドラン

ラプラス

リザードン

ルガルガン(たそがれ)

ロトム

コメント一覧(3)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

うーん
アタッカーというよりは、俺としてはクッションとかの方が強いと思うんだけど
ギャラドスとかドリュウズに対して後投げしても耐えれるし
裏にトゲキッスとかすれば地震空かせてまたガオガエン出せるし



記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ