【ソードシールド】ポケルスの基礎知識まとめ【ポケモン剣盾】

最終更新日

『ポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)』のポケルスについて解説します。

ポケルスとは

ポケルスは、戦闘終了時に約0.005%の確率で感染するウイルスのようなものです。感染すると、ステータス画面に「ポケルス」の表記がつきます。

ウイルスとはいえ悪い効果はありません。ポケルスに感染したポケモンは、バトルやポケジョブのゼミで獲得できる努力値が2倍になります。

パワー系アイテムを持たせた場合、それを反映した上で2倍になりますので、育成効率は格段にアップします。

必ず感染しなければいけないというわけではありませんが、あるに越したことはないものとなっています。

努力値については、こちらの記事をご覧ください。

努力値の基礎知識まとめ!上げ方・下げ方・リセット方法について

育成知識
『ポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)』の努力値について解説しま...
続きを読む

ポケルスの仕様

ポケルスは伝染する

ポケルスに感染したポケモンを手持ちに入れてバトルをすると、一定の確率で上下にいるポケモンに伝染します。

過去作では3分の1とされてきましたが、本作における確率は不明です。ただしそれほど低い確率ではありません。

ポケルスは消滅する

ポケルスが続くかどうかの判定は、日付をまたぐタイミングで行われます。消えると抗体がついた状態となり、そのポケモンが再度ポケルスに感染することはありません。

ただし抗体のついたポケモンであっても、努力値2倍の効果はそのまま残ります。

ボックスで保存

ボックスに預けたポケモンは、ポケルスが消えるかどうかの判定は行われません。

つまりポケルスに感染した状態のポケモンをボックスに最低1体残しておけば、後から手に入れたポケモンに自由に伝染させることができます。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら