【ソードシールド】特性無視!素早さ倍!ドリュウズ対策【ポケモン剣盾】

最終更新日
攻略大百科編集部

『ポケットモンスターソード/シールド(ポケモン剣盾)』のランクマッチでシーズン1から高い採用率を持っているポケモンである「ドリュウズ」への対策をまとめています。

ドリュウズについて

高い攻撃力によって優秀なアタッカーになりつつ、「ステルスロック」で味方のサポートもできる器用なポケモンです。

非常に強力な特性である「かたやぶり」をもっていることで、「ヒートロトム」に「じしん」をあてたり、ミミッキュの「ばけのかわ」を無視して攻撃することができるため、適当にパーティに入れておいても腐ることはなく採用率は高めになっています。

耐久は高くないため一撃で倒しやすいポケモンであるが、今作のダイマックスによってその弱点を補うこともできるため、常にダイマックスされることを視野に入れておきたいポケモンです。

性格は「いじっぱり」「ようき」の2択が考えられますが、ほとんどが「ようき」で採用されています。

持ち物にはいくつか候補が存在しますが、技構成は基本的に決まった技を持っていることが多いです。そのため動き方に大差はなく、知ってさえいれば比較的に対策しやすいポケモンかと思われます。

技構成

採用されている技は基本的に下記の技であり、ドリュウズと対面した際はこの技構成だと考えて立ち回っていいものだと思われます。

基本的な技構成

その他候補となる技

じしん(確定枠)

アイアンヘッド(確定枠)

がんせきふうじ or いわなだれ

ステルスロック or つるぎのまい or つのドリル

かわらわり

ロックブラスト

じわれ

 

持ち物

持ち物は特性や仮想敵としているポケモンによって異なりますが、特性が分かればある程度持ち物の選択肢を絞ることができます。

持ち物の候補

いのちのたま

「すなかき」での採用が多い

こだわりスカーフ

「かたやぶり」で採用

きあいのタスキ

「すなかき」「かたやぶり」のどちらでも可能性あり

じゃくてんほけん

「すなかき」での採用が多い

 

特性

特性は基本的に「すなかき」「かたやぶり」のどちらかが採用されており、「かたやぶり」であることが多いです。特性が「かたやぶり」であればドリュウズが場に出てきたときに表示されるので見逃さないように注意しましょう。逆に表示されなければ「すなかき」であると考えて立ち回りましょう。

また、「バンギラス」や「カバルドン」と組んでいれば「すなかき」、「ヒートロトム」や「ミミッキュ」が重そうなパーティであれば「かたやぶり」であるなど選出段階でもある程度の判断はすることができます。

[PR]

ドリュウズ対策

基本的な対策

・物理耐久ポケモンでうけよう

ドリュウズの覚えている技は予測しやすいため、相手のポケモンへの有利不利がはっきりしています。そのため、タイプ相性を考慮して物理耐久ポケモンで受けきることができます。ただし、タイプ一致技である「じめん」「はがね」技をばつぐんで受けるポケモンは避けたほうがいいでしょう。

また、一撃技である「つのドリル」「じわれ」や積み技である「つるぎのまい」には注意が必要です。

ようき ASドリュウズ

 アーマーガア(HB252)

いわなだれ 15.1~18.0% 確定7発

ダイロック 26.3~31.2% 確定4発

いわなだれ+2 30.2~35.6% 確定4発

ダイロック+2 52.1~61.4% 確定2発

 サニーゴ(HB252輝石)

じしん   25.1~30.5% 確定4発

ダイアース 32.9~39.5% 乱数3発

じしん+2   50.2~59.8% 確定2発

ダイアース+2 65.2~77.8% 確定2発

 ナットレイ(HB252)

じしん   28.7~34.8% 確定4発

ダイアース 38.1~45.3% 確定3発

じしん+2   58.0~68.5% 確定2発

ダイアース+2 75.1~89.5% 確定2発

 

・ひこうタイプで相手をしよう

ドリュウズのメインウェポンである「じしん」を受けないためには、ひこうタイプか特性「ふゆう」を持っているポケモンが考えられますが、「ふゆう」は「かたやぶり」の可能性を考えると安定しません。そのため、ひこうタイプのポケモンで相手をすることで確実に「じしん」を受けないだけでなく、パーティへの「じしん」の一貫もなくすことができ、少しでも有利に立ち回ることができます。ただしドリュウズは基本的にいわ技を持っており、タイプ不一致の技とはいえ、ばつぐんをとられるため注意が必要です。

 

・天候を変えよう(特性が「すなかき」の場合)

特性が「すなかき」のドリュウズはフィールドが砂嵐のときに素早さが倍になるため、素早さを抜くことは難しく非常に強力です。しかし、天候を砂嵐から変えることで状況を逆転されやすいという弱点を持っています

例) 最速ダイマドラパルト(素早さ種族値142)と最速ダイマドリュウズ(素早さ種族値88)が対面しており、フィールが砂嵐だとします。

1ターン目

先行 の「ダイアース」 天候砂嵐

後攻 の「ダイバーン」 天候晴れ

素早さ逆転

2ターン目

先行 の「ダイバーン」 天候晴れ

ドリュウズ突破

本来ダイマックスドリュウズを確定1発で落とすことは難しく2回以上の攻撃が必要であるため、「すなかき」で上をとられている場合にはドリュウズから2回攻撃を受けてしまいます。しかし上記の例の場合、ドリュウズの2回目の攻撃の前にドラパルトが2回攻撃をすることができます。このように天候を変えた場合ダイマックスドリュウズを突破しやすくなります。また、「すなかき」ドリュウズとの対面ではこのような状況が起こりやすいため、天候を変えるのは非常に有効な対処法であると言えるでしょう。

おすすめ対策ポケモン

アーマーガア

・「じしん」「アイアンヘッド」を半減以下でうけられる

・「ボディプレス」でばつぐんをとれる

※「つのドリル」には注意が必要

ゴリランダー

(グラスメイカー)

・グラスフィールドで「じしん」を半減にできる(「ダイアース」は半減にならないので注意)

・「ばかぢから」でばつぐんをとれる

ナットレイ

・高い物理耐久でうけることができる

・「ボディプレス」でばつぐんをとれる

ウォッシュロトム

・「ハイドロポンプ」でばつぐんをとれる

・「おにび」でやけど状態にできる

※「かたやぶり」の場合は「じしん」がばつぐんのため注意(特に「すなかき」に対して有利)

アイアント

(はりきり)

・高い物理耐久でうけることができる

・「ばかぢから」でばつぐんをとれる

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ