E3に登場した新ポケモンとジムリーダーについて コメント一覧

先日行われたE3 2019では「ポケットモンスター ソード・シールド」のブースが出典されていました。 ブースではジム戦の体験プレイが可能となっており、そこに新ポケモンが登場しましたので以下でご紹介します。 ...
記事の続きを読む

コメント一覧(12)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
最新コメントを表示

今年のE3で「impidimp」という名前のポケモンがフラゲして早3ヵ月、まだ公式で発表が無い状態です…。公式さんよ…、そろそろ公式で発表してもいいんじゃないんですか…?
もうすぐ日本初のポケモン剣盾の体験会があるんですからね…。

IMPIDIMP=インピディンプ

うーん、一応タイプが「悪/フェアリー」であることが唯一分かっていることでしょうかね?
フラゲしてネットであげられてましたから、発表されるのもそう遠くない筈ですから…。

正解は「ベロバー」というポケモンでした。
タイプはお察しの通り、悪/フェアリーでした。
というか、早いとこ今週公式で公表してくれないと困る…。

電気コーギーの名前が判明しました!
名前は「ワンパチ」といいます!

まだまだあります。僕からの新しいリーク情報。

「コガラベ」と「ファラガネ」というコガネムシをモチーフにした虫・地面タイプのポケモン。

「ガゼリット」はガゼルをモチーフにしたフェアリータイプのポケモンで、ソードのみ出現。
「マクロヌー」はヌーをモチーフにした悪タイプのポケモンで、シールドのみ出現。

僕からのポケモン剣盾公式リーク情報です。

三番目のジムリーダーは岩タイプの使い手で、名前は「キスゲ」。

「シャカジキ」というカジキマグロ型のポケモンが登場する。

序盤鳥「ジュニカラ」の進化系は、「スパーカラ」に進化し、「ボルトンビ」に進化する。タイプは電気・飛行。

電気コーギーの日本語名は「リコーギー」、悪・フェアリーの悪魔みたいなやつの日本語名は「アクマッド」と予想します。

記事へ戻る

新着トピック一覧