【ソードシールド】インターネット予選大会「2020 International Challenge April」の参加方法と対戦ルール【ポケモン剣盾】

最終更新日

大会バナー

『ポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)』のインターネット予選大会2回目「2020 International Challenge April」について紹介しています。エントリーのやり方や参加賞、対戦ルールについて掲載しているので、是非参考にしてください。

インターネット大会の概要

大会バナー

開催期間 4月10日(金)9:00~4月13日(月)8:59
参加賞 着せ替えアイテムTシャツ
結果発表 4月下旬
カテゴリ ジュニア:2005年以降生まれ
マスター:2004年以前生まれ

4月10日(金)よりインターネット予選大会2回目「2020 International Challenge April」が開催予定です。

予選大会は2月・4月・5月に1回ずつ行われ、条件を満たす上位入賞者には、「PJCS2020」ゲーム部門の出場権が与えられます。

なお、インターネット大会への参加は、スイッチ本体1台につき1ユーザーのみ参加可能で、オンラインにつなぐために有料の「Nintendo Switch Online」に加入する必要があります。

PJCS2020とは?

PJCS2020は、「ポケモンジャパンチャンピオンシップス2020」の略で、2020年シーズンのポケモンバトル日本一を決める公式大会です。

ゲーム部門・カードゲーム部門・ポッ拳部門の3つに分かれて開催され、上位入賞すると商品がもらえます。

6月27日(土)と6月28日(日)に、「パシフィコ横浜」で開催予定です。

[PR]

エントリー受け付け期間とやり方

エントリー受け付け期間

エントリーの受け付け期間は、3月26日(木)から4月10日(金)8:59までです。

大会開始後のエントリーはできないため、参加したい方は必ず期間内にエントリーしましょう。

エントリーのやり方

1 ゲーム内メニューの「VS」を選択
2 「バトルスタジアム」を選択
3 「インターネット大会」を選択
4 「公式大会を探す」を選択
5 「」を選択

対戦ルール

バトル形式はダブルバトルとなっており、合計4匹のポケモンをバトルに選出します。

1日に15戦まで対戦することができ、残った大戦数は翌日以降に繰り越すことも可能で、日本時間の午前9時になると対戦数が回復します。

▼大会の主なルール

バトル形式 ダブルバトル
使用できるポケモン 『ポケットモンスター ソード・シールド』で捕まえたポケモン、タマゴから生まれたポケモン、公式にプレゼントされたポケモンのみ(伝説・幻のポケモンを除く)
バトルチームに登録するポケモン レベル1~100までのポケモン4~6匹で同ポケモン禁止
(対戦時はレベル50に調整される)
バトルに選出するポケモン 4匹
道具 同じ道具は持たせられない
ダイマックス可能ポケモン リザードン、バタフリー、ピカチュウ、ニャース、キングラー、ラプラス、イーブイ、カビゴン、アーマーガア、イオルブ、カジリガメ、セキタンザン、アップリュー、タルップル、サダイジャ、ストリンダー、マルヤクデ、ブリムオン、オーロンゲ、マホイップ
総合時間 最大20分
持ち時間 最大7分
ポケモンの選択時間 90秒
1ターンの選択時間 45秒
1日の対戦可能回数 15戦

参加賞の受け取り条件と方法

着せ替え男 着せ替え女

参加賞の着せ替えアイテム Tシャツ(スーパーボール)は、勝敗が付く対戦を1戦以上すると受け取れます。

ランキング結果発表後、ゲーム内メニューの「ふしぎなおくりもの」から、「バトルスタジアムのごほうびを受け取る」を選択することで受け取り可能です。

「PJCS2020」の出場権について

出場権付与の条件

居住国が「日本」で、かつニンテンドーアカウントの国・地域設定が「日本」になっている方に限られます。

ニンテンドーアカウントの登録情報の変更は、設定画面の「ユーザー情報の編集」で行えます。

▼出場権がもらえる人数

大会 人数
2月大会 各カテゴリ上位30名
4月大会 各カテゴリ上位30名

(すでに出場権を獲得している方を除く)

5月大会 各カテゴリ上位40名

(すでに出場権を獲得している方を除く)

出場カテゴリ

  • ジュニアカテゴリ:2009年以降生まれ
  • シニアカテゴリ:2005年以降2008年以前生まれ
  • マスターカテゴリ:2004年以前生まれ

 

記事内で使用している画像は「ソード・シールド 公式サイト」より引用しています

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら