【ポケモンGO】「相棒と冒険」機能の遊び方について!

最終更新日

ポケモンGOで実装された「相棒と冒険」機能の実際の遊び方について解説します。

「相棒と冒険」機能の遊び方

「相棒と冒険」以降の相棒画面

「相棒と冒険」機能実装以降、相棒画面が新しく変化しました。

それぞれの行動ごとにハートをゲットし、ポケモンとの相棒レベルを上げられます。

ハートの上げ方についてのポイント

  • なでる

「相棒と遊ぶ」ボタンをタップ後、ポケモンの頭をタップするとキラキラとエフェクトが出ます。

続けているとポケモンが喜び(鳴き声を出し)、なでたことになります。

  • 一緒にバトル

バトルはチームリーダー(ブランシェ、キャンデラ、スパーク)とのトレーニングでも達成可能です。

ただし忘れずに相棒をバトルパーティ内に入れてください

相棒の連れ歩き

相棒におやつ(きのみ類またはポフィン)を一定数あげると、相棒がフィールド上に現れて、トレーナーの近くや遠くを自由に動き回ります

おやつをあげる手順

画面左下の相棒の表示されている部分をタップします。

その後きのみマークまたは「相棒と遊ぶ」ボタンをタップしましょう。

この時、ARモード起動前に画面下に「おやつをあげる」ボタンが出現します。

巨大なポケモンに室内でおやつをあげたい場合もありうるので、基本的にこのモードの方がおやつをあげやすいかと思われます。

その後、きのみ類かポフィンを選択し、ポケモンの口元めがけてストレートで投げると、うまくいけばポケモンがきのみを食べてくれます(失投時のリスク等はありません)。

きのみ類やポフィンによって画面上のきのみゲージの増え方は変わります。

0ゲージから一緒に歩く為には6つ分のゲージが必要です。

おやつ ゲージ数 満タンまで
2つ 3個
3つ 2個
ポフィン(100ポケコイン)

6つ 1個

ゲージが満タンになると、フィールドに相棒が出現します。

ポフィンについて

ポフィンはショップにて100ポケコインで購入可能なおやつです。

相棒にあげると気分が「大喜び」の状態になります。

この時、各行動で得られるハートの上限が2倍になります

フィールドの相棒について

フィールドの相棒は常に自由に動き回っています。

仕草は見ていて飽きなかったり、かわいらしいものもあるでしょう。

また、リザードンカイリュー などはのしのしと歩く姿に加え、スピードを出して空を飛んで移動する姿が見られてリアルです。

またスピードに緩急が見られるポケモン(オオタチ など)もいます。

色々なポケモンを試してみると、発見があるかもしれませんね。

ただし、相棒の交代制限(1日20回まで)には気をつけましょう

相棒をタップすると、喜びの仕草を返してくれます。

表情が出るポケモン(オオタチ など)はわかりやすいのでオススメです。

集合写真モード

「相棒と遊ぶ」の隣にあるカメラのマークをタップすると、最大2人の他のプレイヤーとその相棒ポケモンとの集合写真を撮ることができます。

「グループコード作成」を押すと二次元バーコードが作成され、「グループコード読取」を押して作成したバーコードをカメラで読み取ることで参加できます。

全員参加できたら「GENERAL_GO」ボタンを押して写真を撮りましょう。

過去の相棒機能について

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら