【ポケモンGO】相棒におすすめのポケモンまとめ

最終更新日
攻略大百科編集部

ポケモンGOに存在する相棒機能。

相棒にすることで、ポケモンがアイテムやギフトを拾ってきてくれたり、ボールアシストをしてくれたり、CPブーストが得られたりと様々なメリットがあります。

今回は相棒におすすめのポケモンについてまとめていきたいと思います。

相棒におすすめのポケモン

基本的に相棒にするポケモンはご自身のお気に入りポケモンや色違いポケモンなど好みで決めて良いですが、何を基準で選べばよいか迷う場合は入手難易度やバトル向け等、目的別に選ぶと良いでしょう。

ポケモン

おすすめの理由

・種族値、タイプ組み合わせが優秀

・レイドバトル、GOバトルリーグで活躍が見込める

・使える技が豊富な上レイドバトルやGOバトルリーグでの活躍が見込めることから、複数育成必須

・入手難易度が高い

・進化にアメが400個必要

・GOバトルリーグで活躍が見込める

・入手難易度やや高め

・XLアメで強化することでハイパーリーグで活躍できるようになる

・いずれメガシンカ実装

・レイドバトル、GOバトルリーグで活躍が見込める

・いずれメガシンカ実装

・レイドバトル、GOバトルリーグで活躍が見込める

・入手難易度がやや高め

・XLアメで強化することでハイパーリーグで活躍できるようになる

・入手難易度高め

・交換をしない場合、最終進化までにアメが225個必要

・かくとうタイプのアタッカーとして優秀

・入手難易度高め

・いずれメガシンカ実装

・かくとうタイプのアタッカーとして優秀

最終進化系を挙げていますが、もちろん進化系統のポケモンを相棒にするのも良いでしょう。

[PR]

相棒にするメリット

相棒レベルがあがるごとにボーナスが解放される

相棒レベルがあがるごとに以下のようなボーナスが解放されます。

相棒レベル

必要なハートポイント

解放されるボーナス

グッドな相棒

(相棒レベル1)

1個

・一緒に歩く

・相棒の気分が分かる

グレートな相棒

(相棒レベル2)

70個

・ボールアシスト

・プレゼントを見つけてきてくれる

素晴らしい相棒

(相棒レベル3)

150個

・おもしろそうな場所を見つけてきてくれる

・おみやげを持ってきてくれる

最高の相棒

(相棒レベル4)

300個

・CPブースト

・がんばリボンがつく(設定からオン/オフ切り替え可能)

  • グレートな相棒

「グレートな相棒」以上になると、ポケモン捕獲時に相棒ポケモンがボールアシストをしてくれます。

たとえば、使えるボールに制限があるレイドバトルやシャドウポケモンのゲットチャレンジで活躍が見込めます。

  • 最高の相棒

「最高の相棒」になると、ポケモンレベルが+1されるため、CPも強化されます。

そのため、たとえばGOバトルリーグで同じレベル、個体値のポケモン同士が対面した場合、CPブーストがあることで先制攻撃できたり、ステータスに若干の差をつけられるメリットがあります。

ただしCPブーストは相棒にした状態でなければ、その恩恵を受けることはできません。

また「最高の相棒」になると、このように相棒にがんばリボンがつけられます。

なお、このがんばリボンの表示は設定から切り替えることができます。

アメやメガエナジーを稼げる

相棒ポケモンにすることでポケモンのアメを稼いだり、メガシンカするポケモンは一度でもメガシンカさせていると、その系統のポケモンを相棒にすることでメガエナジーを稼いだりすることができます。

ただし、アメを貰える距離はポケモンによって違いますので気をつけましょう。

必要な距離は相棒ポケモンのページから「歩いて見つけるもの」を見ると確認できます。

この場合、フカマルのアメを1つ稼ぐのに必要な距離は5kmということになりますね。

特に入手機会が限られる伝説のポケモンや幻のポケモンは、歩くだけでアメを稼げるので育成、強化を目的とする方にはおすすめです。

特定のポケモンを進化させられる

実装されているポケモンの中には、相棒にした状態で特定のタスクや条件をクリアすることで進化させられるものがいます。

該当するポケモンを進化、育成したい方は相棒にするようにしましょう。

[PR]おすすめアプリ
1位

放置少女

まったりゲーム 美少女いっぱい  とことん育成

放置少女
3位

魔剣伝説

とことん育成 1人でも楽しい 片手でプレイ

魔剣伝説
4位

プラスメイト

豪華声優陣 美男子いっぱい ドキドキが止まらない

プラスメイト

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ