【ポケモンGO】GOロケット団リーダー対策!ロケットレーダー使用後の解説!

最終更新日
1
件のコメント

ポケモンGOのGOロケット団リーダー対策について紹介します。

GOロケット団リーダー対策

GOロケット団リーダー戦闘方法

GOロケット団したっぱに勝つと入手できる「ふしぎなパーツ」6つで完成する「ロケットレーダー」を起動し、レーダー上で“R”のマークがあるポケストップに行くと、リーダーが姿を現します。

ロケットレーダーはバトルに勝つまでは何度でも使用できますが、1度に2つ以上は組み立てられない(レーダー所持中はふしぎなパーツをゲットできない)ため、通常はレーダーが完成し次第リーダーを探して戦うべきです。

特別なシャドウポケモン?

GOロケット団リーダーとの戦闘に勝つと、上記記事の報酬の他に、それぞれの1匹目に使用されたシャドウポケモンをゲットするチャンスを得られます。

運が良ければ、色違いのシャドウポケモンがゲットできることもあるようです。

GOロケット団リーダーは手強い

GOロケット団リーダーがしたっぱより強い2つの要因として、

  • スペシャルアタックに対し(必ず)シールドを使用してくる
  • したっぱよりも強化されたシャドウポケモンを使ってくる

ことが挙げられます。

参考:したっぱとリーダーの使用ポケモンCP比較(TL40時)

したっぱ リーダー
敵シャドウフライゴン

CP9619 CP13852
敵シャドウバンギラス

CP13837 CP19925

仮にリーダーに負けてしまっても、再戦時相手パーティは変わらないので、少なくともパーティの把握をしておきましょう。

各リーダー対策

おすすめ様子見パーティ

全てのリーダーに共通で選出でき、相手パーティの把握、あわよくば勝利してしまおうという目的のパーティです。

エレキブルのでんき+こおりの範囲は広いですが、ジバコイルに通用しないこと(ラグラージでカバー可)、また耐久自体が低い点には注意です。

また、バンギラスはアルロ初手確定のストライクの二重弱点を突けるものの、相手れんぞくぎりが弱点でダメージが痛いので、素直にエレキブルで見るのが無難です。

相手は2回使えるシールドを必ずスペシャルアタック2回に合わせて使うため、バンギラスはゲージの溜まりが早いかみくだくを優先的に使いましょう。

シエラ対策

相手使用ポケモン

初手

2番手(いずれか1匹)

3番手(いずれか1匹)

初手ニューラに対し確実に有利を取り、相手シールド消費も狙います。

ルカリオ、バンギラスでカバーしきれない相手のラプラス、サーナイトをメルメタルで見ます。

アルロ対策

相手使用ポケモン

初手

2番手(いずれか1匹)

3番手(いずれか1匹)

基本的にメルメタルとヒードランで全てカバーできます。

メルメタルが無い場合、岩統一のボスゴドラや、ロックオン(新技ですがわざマシンノーマルで変えられます)持ちのレジロックなどで代用しましょう。

クリフ対策

相手使用ポケモン

初手

2番手(いずれか1匹)

3番手(いずれか1匹)

バンギラスはニャースの技に耐性を持ち、後ろのカビゴンも見据えられます。

ラグラージでも厳しいドダイトスはマニューラで処理しましょう。

コメント一覧(1)

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

リーダー対戦難しくギブアップする仲間が続出です!初心者でもやれるようにして頂きたいです!



記事へのご指摘・ご意見はこちら