【ポケモンGO】GOロケット団リーダー・シエラ、アルロ、クリフ対策!おすすめのポケモンまとめ

最終更新日
攻略大百科編集部

ポケモンGOの世界で暗躍する悪の組織・GOロケット団。

そんなGOロケット団のリーダー3人の手持ちが「GOロケット団セレブレーション」のイベント開始後、変更されました。

今回は変更後のリーダーたちを攻略するのにおすすめのポケモンをまとめていきます。


出典: pokemongolive.com

GOロケット団リーダー戦闘方法

GOロケット団したっぱに勝つと入手できる「ふしぎなパーツ」6つで完成する「ロケットレーダー」を起動し、レーダー上で“R”のマークがあるポケストップに行くと、リーダーが姿を現します。

ロケットレーダーはバトルに勝つまでは何度でも使用できますが、無償レーダーを所有している間は新たな不思議なパーツを手に入れられないため、通常はレーダーが完成し次第リーダーを探して戦います。

[PR]

各リーダー対策

シエラ対策

相手使用ポケモン

初手

2番手(いずれか1匹)

3番手(いずれか1匹)

シエラ対策パーティ


1番目「キバニア」

(カウンターxばくれつパンチxクロスチョップ)

代用:

(カウンターxばくれつパンチxきあいだま)

(はっぱカッターxくさむすびxソーラービーム)

(はっぱカッターxリーフブレードxエナジーボール)


2番目「ポリゴンZ」だった場合…

(カウンターxばくれつパンチxクロスチョップ)

代用:

(カウンターxばくれつパンチxきあいだま)

(うちおとすxインファイトxいわなだれ)

(カウンターxはどうだんxインファイト)

2番目「カバルドン」だった場合…

(たきのぼりxなみのりxふぶき)

代用:

(りゅうのいぶきxアクアテールxハイドロポンプ) 

(はっぱカッターxくさむすびxソーラービーム)

(はっぱカッターxリーフブレードxエナジーボール)

2番目「ムウマージ」だった場合…

(かみつくxかみくだくxストーンエッジ)

代用:

(たたりめxシャドーボールxオーバーヒート)

(たたりめxシャドーボールxヘドロばくだん) 

(シャドークローxシャドーボールxあやしいかぜ)


3番目「ヘルガー」だった場合…

(カウンターxばくれつパンチxクロスチョップ)

代用:

(カウンターxばくれつパンチxきあいだま)

(うちおとすxインファイトxいわなだれ)

(うちおとすxストーンエッジxかみくだく)

3番目「フライゴン」だった場合…

(こおりのいぶきxこごえるかぜxれいとうビーム)

代用:

(こなゆきxゆきなだれxじならし)

(ドラゴンテールxげきりんxぼうふう)

(ドラゴンテールxげきりんxじしん)

3番目「トドゼルガ」だった場合…

(スパークxワイルドボルトxミラーショット)

代用:

(カウンターxはどうだんxインファイト)

(カウンターxばくれつパンチxクロスチョップ)

(カウンターxばくれつパンチxきあいだま)

シエラの1番手はキバニア で固定されています。

キバニアは進化前のポケモンでありながら高い攻撃力を持っています。

ですが、防御力はとてつもなく低いので弱点であるかくとう、くさタイプ等のポケモンを選出すればさほど脅威にはなりません。

相手はこちらがゲージ技を使用すると最初の2回に必ずシールドを使用してきますので、キバニアとの対面で2回のシールドを消費させておくのをおすすめします。

シエラの2番手はポリゴンZカバルドンムウマージ のいずれかになります。

相手がポリゴンZであった場合は、1番手・キバニアのおすすめポケモンであげたカイリキーローブシン などのかくとうタイプのポケモンを続投させても効果抜群をとることができます。

カバルドンが相手の場合は1番手・キバニアのおすすめポケモンであげたロズレイドリーフィア などのくさタイプのポケモンを続投させても良いでしょう。

他にはカイオーガパルキア 等のみずタイプのポケモンを選出しても弱点を突くことができます。

ムウマージはゴーストタイプのポケモンですので、弱点をつくことができ、なおかつムウマージの使用するゴーストタイプの技を半減できるバンギラス などのあくタイプのポケモンがおすすめです。

ですが、ムウマージはマジカルシャイン を使用する可能性があります。

その場合は弱点をつかれることになりますので注意しましょう。

他にはシャンデラゲンガー といったゴーストタイプのポケモンを選出するのも良いでしょう。

シエラの3番手はヘルガーフライゴントドゼルガ のいずれかになります。

ヘルガーだった場合は、かくとう、いわタイプ等弱点のポケモンを選出すればさほど脅威にはなりません。

特にかくとうタイプの通常技・カウンター が非常に強力で相手の体力をどんどん削ることができます。

またカイリキーローブシン といったポケモンは2番手がポリゴンZだった場合、そのまま続投できるのでおすすめです。

フライゴンだった場合は二重弱点であるグレイシアマンムー 等のこおりタイプのポケモンで攻めるのが良いでしょう。

ただしゲージ技でストーンエッジ を使用してくる場合がありますので気を付けましょう。

みず/こおりタイプであるトドゼルガとの対面でもっともおすすめなのはジバコイル

はがね/でんきタイプのポケモンですから、トドゼルガの使用技を半減以下にしつつ、こちらから弱点を突くことができます。

ただし、トドゼルガのゲージ技がじしん だった場合はこちらも二重弱点をつかれてしまいますので注意しましょう。

他にはルカリオカイリキー といったかくとうタイプのポケモンを選出するのもおすすめです。

アルロ対策

相手使用ポケモン

初手

2番手(いずれか1匹)

3番手(いずれか1匹)

アルロ対策パーティ


1番目:「ダンバル」

(たたりめxシャドーボールxオーバーヒート)

代用:

(かみつくxかみくだくxストーンエッジ)

(シャドークローxシャドーボールxあやしいかぜ)

(ほのおのうずxだいもんじxアイアンヘッド)


2番目「サーナイト」だった場合…

(バレットパンチxコメットパンチxラスターカノン)

代用:

(たたりめxシャドーボールxオーバーヒート)

(ほのおのうずxアイアンヘッドxだいもんじ)

(メタルクローxアイアンヘッドxりゅうせいぐん)

2番目「ゴウカザル」だった場合…

(マッドショットxハイドロカノンxなみのり)

代用:

(あわxだくりゅうxだいちのちから)

(ドラゴンテールxアクアテールxハイドロポンプ)

(たきのぼりxアクアテールxハイドロポンプ)

2番目「ボスゴドラ」だった場合…

(カウンターxばくれつパンチxクロスチョップ)

代用:

(カウンターxばくれつパンチxきあいだま)

(カウンターxはどうだんxインファイト)

(マッドショットxハイドロカノンxなみのり)


3番目「ボーマンダ」だった場合…

(あまえるxマジカルシャインxげんしのちから)

代用:

(りゅうのいぶきxりゅうせいぐんxアイアンヘッド)

(こおりのいぶきxこごえるかぜxれいとうビーム)

(あまえるxマジカルシャインxサイコキネシス)

3番目「ハッサム」だった場合…

(ほのおのうずxブレイズキックxオーバーヒート)

代用:

(ほのおのうずxドラゴンクローxオーバーヒート)

(ほのおのうずxねっぷうxオーバーヒート)

(ほのおのキバxオーバーヒートxかみくだく)

3番目「アーマルド」だった場合…

(たきのぼりxなみのりxハイドロポンプ)

代用:

(りゅうのいぶきxアクアテールxハイドロポンプ)

(みずてっぽうxハイドロカノンxなみのり)

(あわxだくりゅうxだいちのちから)

アルロの1番手はダンバル で固定されています。

ダンバルは通常技、ゲージ技ともにノーマルタイプの技しか覚えていませんので、ノーマルタイプの技を半減でき、なおかつダンバルの弱点を突くことができるゴーストタイプのポケモンを使用すればほとんどダメージを受けずに突破することが可能です。

また相手はこちらがゲージ技を使用すると最初の2回に必ずシールドを使用してきますが、ダンバルとの対面で2回のシールドを消費させておけば、残り2体とのバトルも有利に進められます。

アルロの2番手はサーナイトゴウカザルボスゴドラ のいずれかになります。

相手がサーナイトであった場合は、1番手・ダンバルのおすすめポケモンであげたシャンデラギラティナ などのゴーストタイプのポケモンを続投させても効果抜群をとることができます。

他にはメタグロスディアルガ といったはがねタイプのポケモンでも効果抜群を狙えるのでおすすめです。

ゴウカザルはほのお/かくとうタイプのポケモンということで比較的弱点の多いポケモンです。

もっともおすすめなのは、ゴウカザルの使用技のほとんどを等倍以下にできるみず/じめんタイプのラグラージ です。

ですが、ゴウカザルのゲージ技がソーラービーム であった場合は二重弱点をとられてしまいますので注意しましょう。

ボスゴドラはいわ/はがねタイプのポケモンですので、二重弱点であるカイリキーローブシン といったかくとうタイプのポケモンで攻めるのがもっともおすすめです。

アルロの3番手はボーマンダハッサムアーマルド のいずれかになります。

ボーマンダ、ハッサムは二重弱点があるポケモンですから、それぞれ弱点をつけるポケモンを選出すればさほど脅威ではありません。

いわ/むしタイプのアーマルドにはカイオーガパルキア といったみずタイプのポケモンがおすすめです。

他にはこちらに対して有効打のないメタグロスハッサム といったはがねタイプのポケモンを選出するのも良いでしょう。

 

クリフ対策

相手使用ポケモン

初手

2番手(いずれか1匹)

3番手(いずれか1匹)

クリフ対策パーティ


1番目:「プテラ」

(スパークxワイルドボルトxミラーショット)

代用:

(メタルクローxアイアンヘッドxかみなり)

(りゅうのいぶきxアクアテールxハイドロポンプ)

(たきのぼりxなみのりxハイドロポンプ)


2番目「ユレイドル」だった場合…

(カウンターxはどうだんxインファイト)

代用:

(カウンターxばくれつパンチxクロスチョップ)

(カウンターxばくれつパンチxきあいだま)

(バレットパンチxコメットパンチxラスターカノン)

2番目「ヤドキング」だった場合…

(スパークxワイルドボルトxでんじほう)

代用:

(バークアウトxあくのはどうxシャドーボール)

(かみつくxあくのはどうxりゅうのはどう)

(かみつくxかみくだくxストーンエッジ)

2番目「エルレイド」だった場合…

(あまえるxマジカルシャインxつばめがえし)

代用:

(あまえるxマジカルシャインxシャドーボール)

(エアスラッシュxぼうふうxつばめがえし)

(りゅうのいぶきxぼうふうxげきりん)


3番目「バンギラス」だった場合…

(カウンターxインファイトxはどうだん)

代用:

(カウンターxばくれつパンチxクロスチョップ)

(カウンターxばくれつパンチxきあいだま)

(マッドショットxハイドロカノンxなみのり)

3番目「ヨノワール」だった場合…

(かみつくxかみくだくxストーンエッジ)

代用:

(バークアウトxあくのはどうxシャドーボール)

(かみつくxあくのはどうxりゅうのはどう)

(バークアウトxあくのはどうxブレイブバード)

3番目「マンムー」だった場合…

(みずてっぽうxハイドロカノンxなみのり)

代用:

(カウンターxインファイトxはどうだん)

(カウンターxばくれつパンチxクロスチョップ)

(カウンターxブラストバーンxきあいだま)

クリフの1番手はプテラ で固定されています。

このプテラが非常に厄介で、はがねのつばさかみつくいわおとし といった通常技でもこちらの体力をどんどん削ってきます。

もっともおすすめなのはジバコイル 。タイプ一致のワイルドボルト が非常に強力です。

しかしワイルドボルトは使用するとこちらの防御が下がってしまいますので使いどころには注意しましょう。

また相手はこちらがゲージ技を使用すると最初の2回に必ずシールドを使用してきますので、可能ならばプテラとの対面で2回のシールドを消費させておくのをおすすめします。

クリフの2番手はユレイドルヤドキングエルレイド のいずれかになります。

相手がユレイドルであった場合は、ルカリオカイリキー といったかくとうタイプのポケモンを選出するのがおすすめです。

またはメタグロスジバコイル 等はがねタイプのポケモンでも良いでしょう。

ヤドキングだった場合はでんき/はがねタイプであるジバコイル がもっともおすすめです。

ただしジバコイルのゲージ技・ワイルドボルト は使用するとこちらの防御力がさがってしまいますので、使いどころには気を付けましょう。

エルレイド対策としてもっともおすすめなのはトゲキッス です。

フェアリー/ひこうタイプであるトゲキッスはフェアリー、ひこうどちらのタイプでもエルレイドの弱点を突くことができます。

クリフの3番手はバンギラスヨノワールマンムー のいずれかになります。

相手がバンギラスだった場合は二重弱点を突くことができるルカリオカイリキー などのかくとうタイプを選択するのがおすすめです。

ヨノワールの場合はバンギラスダークライ 等あくタイプのポケモンを選択するのがおすすめです。

ゴーストタイプのポケモンでも弱点を突くことができますが、ヨノワールもこちらの弱点を突いていきますので一撃で沈められてしまう可能性があるので注意しましょう。

マンムーは弱点が5つと比較的対策しやすいポケモンではありますが、ほのお、くさ、はがねタイプのポケモンはこちらの弱点もつかれてしまうことになるので、ラグラージルカリオ といったみず又はかくとうタイプのポケモンを選出するのが良いでしょう。

ロケット団まとめ

GOロケット団対策まとめ!したっぱ・リーダー・ボス全攻略!

お役立ち バトル GOロケット団
ポケモンGOで実装されているバトル要素「GOロケット団」の攻略や関連情報を以下に...
続きを読む

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ