レイドボス「ポリゴン」対策!少人数でも!初心者でも!

田舎でも少人数でも、初心者でも勝ちたい!

どんなケースでもポリゴンを攻略するために役立つ情報をご紹介します。

レイド「ポリゴン」基本情報

卵の色:黄色
CP:11419

ボスレベル:3

個体値MAX時CP:895
タイプ:ノーマル
使用わざ:

通常攻撃 めざめるパワー(ノーマル) チャージビーム(でんき)
ゲージ攻撃 はかいこうせん(ノーマル) でんじほう(でんき) ソーラービーム(くさ)
[PR]

推奨人数は2人以上

TL30〜の方は2人で挑んでもOKでしょう。

TL30以下の方は3人以上で挑むと安定します。

ポリゴンの弱点

かくとう

ポリゴンの弱点はかくとう一択です。逆にパーティも組みやすいのではないでしょうか。

おすすめポケモン

カイリキー

かくとうポケモンの代表格といえばカイリキーですね。レイドバトルでも手に入れやすいカイリキーは、強化しておいて損はありません。しっかりと強化したカイリキーを選びましょう。

最適技構成

「カウンター × ばくれつパンチ」をおすすめします。

ミュウツー

ゲージ技にかくとう技の「きあいだま」を覚えているととても戦いやすいです。ミュウツー自体はエスパータイプですが、攻撃力がとても高いので活躍します。しかし所持率の低さが難点ですね。

最適技構成

「サイコカッター × きあいだま」をおすすめします。

カイリュー

火力でゴリ押しするのには、所持率も高まってきたカイリューが活躍します。かくとうタイプではありませんが、攻撃力が高いので活躍してくれること間違いなしですね。

最適技構成

「ドラゴンテール × げきりん」をおすすめします。

フーディン

こちらも、攻撃力の高さが評価されるポケモンですね。かくとう技「きあいだま」が有効です。エスパータイプですが、火力の高さでカバーできる高火力ポケモンです。また、第一世代のポケモンなので所持率も高い点から抜擢しました。

最適技構成

「サイコカッター × きあいだま」をおすすめします。

田舎攻略について

筆者の住むところは関東圏の隅っこの方で、レイドといっても場所によっては人が全然集まってきません。

ではそのような状態でどう攻略していくかがとても重要になってきます。

自分のTLが30以下の方

カイリキーを3体以上所持していると勝利の可能性も高まります。先頭にカイリキーを入れて、残りの枠には他の適正ポケモンを入れてみてください。

気に入った個体値のカイリキーをゲットしたら、どんどん強化しておきましょう。ポリゴン戦以外にも活躍の場がたくさんあります。

自分のTLが30以上の方

周りに参加する人はいませんか?お一人の場合、いざソロ攻略です。

カイリキーの艦隊でいくと、とても簡単に攻略できます。

もしも6体やられてしまう場合は、前もって適正の控えのポケモンがいるか確認します。

適正がこれから戦う6体しかいない場合は、回復して再度挑む時間を短縮するためになるべくゲージ技を避ける意識をしてみてください。

 

レイドバトル 攻略一覧

ランク5

ディアルガ
最大CP2307 (2884)
ブースト強風
バトル攻略記事

ランク4

サイドン
最大CP1816 (2270)
ブースト晴れ
バトル攻略記事
ニョロボン
最大CP1477 (1847)
ブースト
バトル攻略記事
ガラガラ アローラのすがた
最大CP1048 (1311)
ブースト晴れ
バトル攻略記事
アブソル
色違いあり
最大CP1443 (1805)
ブースト
バトル攻略記事
バンギラス
最大CP2191 (2739)
ブースト曇り
バトル攻略記事

ランク3

キノガッサ
最大CP1502 (1877)
ブースト晴れ
バトル攻略記事
エビワラー
最大CP1332 (1665)
ブースト曇り
バトル攻略記事
サワムラー
最大CP1472 (1840)
ブースト曇り
バトル攻略記事
ドンファン
最大CP1722 (2152)
ブースト晴れ
バトル攻略記事
カイリキー
最大CP1746 (2183)
ブースト曇り
バトル攻略記事

 

レイドバトルの仕様と攻略法まとめ

レイドバトル
ポケモンGOのリリース当初から待望されてきた機能である「レイドバトル」が、つい...
続きを読む

【レイドバトル】タマゴの色・種類、中身のポケモン一覧

レイドバトル
レイドバトル、ジムの上に登場するタマゴの色・種類についてまとめています。 ...
続きを読む

 

 

 

関連データ

 

おすすめアプリ紹介!

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら