【ポケモンGO】イッシュ地方の伝説のポケモンがやってくる!伝説レイドバトル「キュレム」攻略!

最終更新日

ポケモンGOに新たに登場するイッシュ地方の伝説のポケモン、キュレム の攻略情報をまとめています。

出典: pokemongolive.com

開催期間

2020年7月8日(水)07:00~

終了日時は発表されていませんが、8月4日22:00までの可能性が高いでしょう。

理由として、水曜のレイドアワーに新ポケモン初日をぶつけてくることが多い事があります。今回のキュレムも水曜開始です。

また、今月のレイドアワーに関する話として「毎週開催のレイドアワーでキュレムが出現」とあるため、7月29日のレイドアワーまではキュレムが出現する可能性が高いです。

8月第1週の4日までキュレムが登場し、翌日の8月5日に新しいレイドバトルとレイドアワーが開始すると思われます。

[PR]

キュレムとは?

キュレム

イッシュ
最大CP 3575 HP 245
攻撃 246 防御 170

入手方法
レイド
詳細情報

キュレムは「こおり・ドラゴン」タイプのポケモンで、イッシュ地方で発見された伝説のポケモンです。

レシラムゼクロム と深い関係をもつポケモンで、体が凍るほどの強力な冷凍エネルギーを放っています。

レイド「キュレム」基本情報

卵の色
レイドボス時CP 43478
ボスレベル 5
タイプ こおり/ドラゴン

使用わざ:

通常攻撃 りゅうのいぶき(ドラゴン) はがねのつばさ(はがね)
ゲージ攻撃 ドラゴンクロー(ドラゴン) ふぶき(こおり) こごえるかぜ(こおり) りゅうせいぐん(ドラゴン)

キュレム対策

キュレムの弱点は「かくとう・いわ・ドラゴン・はがね・フェアリー」です。

かくとうタイプのポケモンとしては、「はどうだん」が使えるルカリオがダントツでしょう。シャドーボールでなければこうかばつぐんになるため、進化さえできればほぼ確実に使えるようになります。それ以外の場合はカイリキーローブシン などが良いでしょう。キノガッサも攻撃力が高いのですが、ふぶきやこごえるかぜが弱点になるため除外しています。

 

いわタイプのポケモンとしては、高い攻撃力を持つラムパルド や、防御力も高く安定しやすいテラキオンバンギラス 等がおすすめです。「がんせきほう」が使えるドサイドン がいる場合はそれでも良いでしょう。テラキオンはじしん以外の技ならこうかばつぐんになるため、持っている場合は用意しやすいです。

 

ドラゴンタイプのポケモンとしては、パルキアディアルガ 、最近のレイドバトルで手に入ったレシラム などがオススメです。とくにディアルガはこおり・ドラゴンどちらも等倍にできるという利点があります。わざはりゅうのいぶき×りゅうせいぐんが良いですが、アイアンヘッドでも弱点を突けます。パルキアの場合はりゅうのいぶきよりEPSの高いドラゴンテールを通常わざにすると良いでしょう。

パルキアやレシラムはドラゴンタイプでありながらこおりタイプが弱点にならないため、ふぶきやこごえるかぜを使ってくる場合には特におすすめです。

 

はがねタイプのポケモンとしては、以前のコミュニティデイで手に入った「コメットパンチ」が使えるメタグロス が攻撃力が高くおすすめです。

また、メルメタル も高い攻撃力と防御力を持っており、こおり・ドラゴンタイプに耐性があります。任天堂スイッチとの連携で普段からメルタンをゲットできている場合は数を揃えやすくおすすめです。

 

フェアリータイプのポケモンとしては、サーナイトトゲキッス がいます。サーナイトはドラゴンタイプに高い耐性がありますが、フェアリータイプのわざにしようとするとサイコキネシスと比べるとDPSの落ちるマジカルシャインを選ばないといけないのが難点です。

トゲキッスもドラゴンタイプに高い耐性があり、マジカルシャインのDPSも高いのですが、こおりタイプが弱点となる点に注意しましょう。

 

基本的にフェアリータイプは他のタイプのポケモンがいない場合の選択肢となりますが、サーナイト・トゲキッス共に始めたてで入手することは困難なポケモンのため、ほとんど使われることは無いでしょう。伝説ポケモンが豊富ならドラゴンタイプ一択、最近のポケモンが揃ってない場合はメタグロスやバンギラスといった感じになるでしょう。

 

在宅・ライター募集 ポケモンGO攻略メンバー募集中!

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら