【ポケマス】新メインストーリー追加予告!既存メインマルチを攻略しよう!【ポケモンマスターズ】

最終更新日

「ポケモンマスターズ(ポケマス)」で遂にメインストーリー追加が予告されました。

既存メインストーリー(マルチ)の攻略と併せて紹介します。

メインストーリー追加予告

メインストーリー第19章~第21章追加

リリース以来「幕間の物語2」で最新となっていたストーリーが遂に追加されます。

追加予定のメインストーリー

  • 第19章
  • 第20章
  • 第21章
  • 幕間の物語3

「幕間の物語3」に関しては、次章につながる会話のみなのか、はたまたバディーズのマジコスが披露されるのか、詳細が気になるところではあります。

これまで通りならば新たな配布バディーズが用意されているので期待しましょう!

追加予定日時

2019年11月7日(木)15:00

画像の少年について

画像の少年は「ポケットモンスターX・Y(第6世代)」の男主人公で、名を「カルム」と言います。

クールな性格で、原作ではニャオニクス(オスのすがた)やアブソルなどを使用していたようですね。

メインストーリー応援ミッション

開催期間

2019年10月24日(木)15:00~

11月7日(木)14:59

内容

新メインストーリー追加までの間、既存のストーリーをクリアすると報酬が貰えるミッションが追加されました。

ミッションは全部で40あり、コンプリートには高難度のメインストーリー(マルチ)クリアを避けては通れません。

以下で攻略方法を紹介します。

VS キョウ&アンズ【VERY HARD】

配布パーティ編成例

あったら入れたいバディーズ

トウコ(ポカブ)

「どくどく」を無効化でき有効です。

クリス(ワニノコ)

両脇ニドクインを素早く処理できます。

カミツレ(ゼブライカ)

とどめの押しに瞬間火力が役立ちます。

攻略方法

まず中央の アンズ(アリアドス) をほのおタイプなどで落としてしまいましょう。

余裕があれば両脇のニドクインも クリス(ワニノコ) などで素早く落としておくと、後続の キョウ(クロバット) にダメージを与えやすくなり楽になります。

初回相手バディーズわざはほのおタイプ等で受け、でんきタイプを温存しましょう。

最後は キョウ(クロバット) との一騎打ちですが、回避率を上げてくるので必中のバディーズわざなどが有効なダメージソースになります。

ただし相手単体技時のターゲット管理には注意です。

VS アセロラ&フヨウ&キクコ【VERY HARD】

配布バディーズ編成例

あったら入れたいバディーズ

カリン(ヘルガー)

睡眠無効かつ両脇のゴーストタイプに抜群を取れます。

攻略方法

序盤に両脇が睡眠→毒→「たたりめ」とコンボで攻めてきます。

チェレン(ムーランド) で治しつつ「かみくだく」で両脇に抜群を取っていきましょう。

役割としてはネイティオを削れる係も欲しいところです。

「VS キョウ&アンズ」同様、相手の初回バディーズわざを受ける係を用意し、こおりタイプを温存しましょう

相手 アセロラ(シロデスナ) は瞬間火力が高いので、1人にターゲットが向いている間に他2人で攻め立てられるのが理想です。

VS チェレン&トウヤ&トウコ【VERY HARD】

配布バディーズ編成例

あったら入れたいバディーズ

クリス(ワニノコ)

エンブオーを素早く処理できます。

カミツレ(ゼブライカ)

ダイケンキを素早く処理できます。

攻略方法

左のエンブオーが必中全体攻撃ひるみ付きの「いわなだれ」を持っており、初回バディーズわざ前ぐらいに落としておけないと以降連発されパーティが壊滅しかねません。

しかし配布のエンペルトでも決定力に欠けるため、 クリス(ワニノコ) の力を借りて素早く処理することが推奨されます。

相手初回バディーズわざはこれまで同様受け役をつくり、かくとうタイプを温存しましょう。

その後ダイケンキを処理しつつ チェレン(ムーランド) 1人になったとき、威力は高いですがインターバルがかなりある「ギガインパクト」を連発してきます。

ターゲットに気を付けつつ、隙を塗ってかくとうタイプで一気に攻められると良いでしょう。

その他万能バディーズ

ライチ(ルガルガン)

高攻撃力かつバフ後確定急所持ちで腐る場面の無い汎用アタッカーです。

フヨウ(サマヨール)

味方の急所率上昇、ゲージ確保の他、瀕死時引き継ぎで ライチ(ルガルガン) にもつなげられるのでかなり有用です。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら