【ポケとる】ver1.4.19【ノーマル・でんき・じめん】タイプのスキルチェンジ対応ポケモンまとめ その2

最終更新日
攻略大百科編集部

今回は、ノーマル・でんき・じめんタイプのスキルチェンジ対応ポケモンをリストをまとめあげたものを掲載・評価していきます。(ver1.4.19現在のものによる)

 

ノーマルタイプ一覧

 

対応ポケモン 13匹

 

イーブイ○

メガパワー

ふりはらう+

タブンネ○

きゅうしょをつく

メガパワー+

ミミロル○

きゅうしょをつく

ねむらせる

ミミロップ○

きゅうしょをつく

いれかえ++

ガルーラ○

4つのちから

いわをけす++

ゴンベ○

アップダウン

いわをけす++

カビゴン○

ちからおし

オジャマけし++/ほんきをだす

レジギガス

ハイパーパンチ

はじきだす

ポリゴン

バリアけし+

だんけつ

ポリゴン2

あつまるちから

+アタック+

ポリゴンZ

ショックこうげき

れんげき+

ラッキー○

メガパワー

スーパーおうえん

ハピナス○

5つのちから

ブロックブレイク

 

最強攻撃力を所持し、強力なスキルに変更できるレジギガス・独自スキルのカビゴンのほんきをだす・ラッキーのスーパーおうえんとノーマルタイプをより強化させるのはよいが、いかんせんマックスレベルアップの投与数が尋常ではない。少なくとも現時点ではスルーしておいてよいが、サポートとして活躍が見込めるラッキー程度はスキルチェンジを考慮してもよいかもしれませんが、発動率の低いスキルをフォローするために前もってスキルを発動させるという。ワンテンポの差の間に相手のオジャマでそのポケモンが消されないというのが前提なので本当にスキルチェンジに余裕があるときに使う程度でよいでしょう。

 

[PR]

でんきタイプ一覧

 

対応ポケモン 17匹

 

ピチュー○

きゅうしょをつく

ひるませる

ピカチュウ(オリジナル)

オジャマけし+

ハイパーボルト

ピカチュウ(ホウエン)

いわはじき

ハイパーボルト

ピカチュウ(シンオウ)

ブロックはじき

ハイパーボルト

ピカチュウ(イッシュ)

バリアはじき

ハイパーボルト

ピカチュウ(カロス)

くもはじき

ハイパーボルト

ピカチュウ(アローラ)

はじきだす

ハイパーボルト

ピカチュウ(ホウオウポンチョ)

5つのちから+

おくりび

ライチュウ

まひさせる

ライトニング

サンダース○

メガパワー

ふりはらう+

ルクシオ

ブロックくずし

ハイメガパワー

レントラー

くもばらい+

+アタック+

デンリュウ○

ドラゴンコンボ

メガパワーorまひコンボ

ロトム

まひさせる

メガパワー+

デデンネ

メガパワー

ショックこうげき

ライコウ

5つのちから

バリアけし+orおどろかす

パチリス

メガパワー

おうえん

 

評価

現在唯一の電気タイプの【バリアけし+】になれるライコウが最有力でしょう。ただ、電気タイプのバリア処理要員として、イッシュキャップピカチュウが出たため、優先順位が少し低くなったが【5つのちから】よりは活躍が見込めるため候補になります。次点ではデンリュウの【メガパワー】or【まひコンボ】ですが、電気タイプのドラゴンコンボは現時点でデンリュウのみなので独自性こそ高いが、大体の場合が飾りスキルになりがち、(メガレックウザ軸で3匹ステージで対水・飛行タイプに対して使用する程度)メガパワーにすれば、メガスキルアップ導入数次第では速く進化でき、まひコンボなら、スキルパワーが稼げる、ピカチュウ等と電気統一で組めば活路は出てくるが、余裕ができたときに変えるのがベスト。

比較的発動しやすく、マックスレベルアップによるLv解放により新たな電気のアタッカー候補のレントラーも、新風を吹かせてくれることでしょう。

独自スキルの【ハイパーボルト】ですが【くもはじき】のカロスキャップが最優先で変更してよいでしょう。次点ではオリジナルキャップが候補。

貴重なバリア対策が出来るイッシュキャップはよほどのことがない限りは使わないほうがよい。

 

じめんタイプ一覧

 

対応ポケモン 11匹

 

ゴマゾウ○

きゅうしょをつく

4つのちから+

ドンファン○

ゆさぶる

グランドコンボ

カラカラ

いわをけす

メガパワー+

マッギョ

ノンストップ

ねむりコンボ

ヒポポタス○

ゆさぶる

だんけつ

カバルドン○

さいごのちから

ノンストップ+

モグリュー

ノンストップ

きまぐれ++

ドリュウズ

5つのちから

+アタック

グラードン

ゆさぶる

バリアはじき

グライガー

くもばらい

ブロックはじき

ゴビット

パワーパンチ

いわはじき

 

評価

対電気でありがちだったバリア処理の弱さをついにグラードンが補えるようになったため、よほどのことがない限りグラードンはスキルチェンジしてよいでしょう。元のスキルのゆさぶるは対電気・鋼・毒に対しては発動しないため飾りスキルになりがちだったため比較的順応性が高くなった、更にマックスレベルアップ解放、おまけに制限時間制で茶・黒系に偏りがちな地面タイプの中で、目立ちやすい赤色なのでマッチもしやすい。攻撃力スキル共に頼もしくなったため積極的にアイテムを投与していきたい。今後も増えていくであろうピカチュウの亜種シリーズ対策として用意しておいて損はないうなぎ昇りな1匹。

次点ではスキルパワードロップステージがあり、独自スキルのドンファンが候補。

その他も強力なスキル持ちがひしめくが、上記の2匹を検討した後スキルチェンジに余裕があれば変更していけばよいでしょう。

 

各タイプまとめリスト

ポケモン 最新予約ガイド

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら

関連カテゴリ・タグ