たべのこしテッカグヤの育成論!相手をじわじわ追い詰める耐久型

テッカグヤの概要

弱点タイプ2つに対して半減タイプ8、無効タイプ2という優秀な耐性に加えて平均以上の耐久、やどりぎのタネによる回復、攻撃特攻共に平均クラスの攻撃性能と、役割によって性能をガラリと変えられるポケモンです。

今回は耐性を活かして繰り出し、やどりぎのタネとたべのこしという2つの回復ソースから居座りもサイクルもこなせる耐久テッカグヤの育成論をご紹介します。

ポケモン テッカグヤ

ひこう はがね ムーン限定 ウルトラビースト
特性: ビーストブースト
ウルトラホールで戦って捕まえる
詳細確認
[PR]

テッカグヤの技候補

やどりぎのタネ

くさ やどりぎのタネ

変化 威力- 命中90 PP10
毎ターン終了時に相手の最大HPの1/8のダメージを与えて、うばったぶんのHPを回復する。交代しても効果は続く。くさタイプには効果がない
詳しく見る

相手に1/16を与え、与えた分回復という回復ソース且つダメージソースにもなる技です。

有利対面からこの技を撃つ事で、テッカグヤに有利なポケモンを削ったり、相手の居座りを咎めたり、交代しても効果が継続する事を利用して味方のポケモンの回復に充てたりと使い勝手のいい技です。

テッカグヤはどくどくが無効なので、耐久ポケモン同士の対決になった際にも有利に立てるようになります。

ヘビーボンバー

はがね ヘビーボンバー

物理 威力- 命中100 PP10
相手より自分の「おもさ」が重いほどわざの威力が上がる(最大で120)
詳しく見る

テッカグヤは体重999.9kgという圧倒的な重量なので、相手と自分の体重差を参照するヘビーボンバーをほとんどの場合最大威力で撃てます

命中も安定しており、メインウエポンとして非常に使い勝手が良いです。

かえんほうしゃ

わざマシン35 かえんほうしゃ

特殊 威力95 命中100 PP15
10%の確率で相手を「やけど」状態にする。相手の「こおり」状態を回復する
ポニの大峡谷で入手
詳しく見る

ダメージソースがヘビーボンバー、やどりぎのタネのみだとナットレイに完封されてしまい、またその他の鋼タイプにも有効打がありません。

不一致90の為高い火力とは言えませんがダメージレースで優位に立つ事が出来ます。

まもる

わざマシン17 まもる

変化 威力- 命中- PP10
そのターンの相手のわざを受けない。連続で出すと失敗しやすくなる
カンタイシティのフレンドリィショップ(右側の店員)で購入
詳しく見る

ターン毎に処理がされるやどりぎのタネ、たべのこしと高相性で、相手のZ技を安全に受け切る事も可能になります。

まもるを見た相手はまもる読み交代やまもる読み補助技と言った選択肢も生まれてくるので、その隙をついて攻撃したりやどりぎのタネを使うなど、ある意味攻撃的な使い方も出来ます。

みがわり

わざマシン90 みがわり

変化 威力- 命中- PP10
最大HPの1/4を使って自分の分身を作る
1番道路ハウオリシティはずれでククイ博士からもらう
詳しく見る

相手の交代際に張ったり、テッカグヤの身代わりを1発で破壊出来ない相手に対して大きなアドバンテージを取れる技です。

やどりぎのタネやたべのこしとの相性も良く、状態以上もシャットアウト出来ますが技スペースが厳しいです。

テッカグヤの持ち物候補

たべのこし

道具 たべのこし

持たせるとターン毎に最大HPの1/16のHPが回復する
ロイヤルアベニューのロイヤルドーム(右の交換所)で交換
詳しく見る

安定した回復ソースです。やどりぎのタネと併用する事でより倒れづらくなります。

ゴツゴツメット

道具 ゴツゴツメット

持たせると直接攻撃してきた相手に、相手の最大HPの1/6のダメージを与える
バトルツリーのBP交換(中央)で交換
詳しく見る

接触技の多い物理相手に投げる事でより削り性能を高めます。

回復ソースがやどりぎのタネのみになる為、HP管理が少し厳しくなりますが、その後のサイクル戦で相手にプレッシャーを与える事が出来ます。

テッカグヤの調整

性格 わんぱく(防御↑特攻↓)
努力値 H164 A36 B252 D28 S28

耐久

陽気メガメタグロスのかみなりパンチ 44.5%〜52.8%(乱数2発※17.2%)
攻撃↑↑特化ミミッキュのシャドークローZ 75.1%〜89.1%(確定2発)
臆病ゲッコウガのハイドロカノン※げきりゅう込み 81.3%〜96.3%(確定2発)

火力ライン

☆ヘビーボンバー☆

H4振りミミッキュ 129.7%〜155.7%(確定1発)
H無振りメガゲンガー 62.9%〜75.5%(確定2発)

耐性から物理への繰り出し適性があるのでBに厚く振り、たべのこし効率を意識したHラインにしました。

物理であれば非常に多くの攻撃を耐え、たべのこしとやどりぎのタネで即座に立て直していけます。

メガバシャーモやメガリザードンXなどの高火力炎技に対しては繰り出せないので、他のポケモンでのケアが必要となります。

関連ポケモン

注目 モンスターバトル登場!

壮絶ぶっ飛ばしバトルアクションが登場!個性豊かなモンスターを進化させて
4人乱戦バトルを勝ち抜こう!

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。