【ポケモンORAS】プリム(四天王)の攻略法!手持ち・おすすめポケモン紹介【オメガルビー・アルファサファイア】

最終更新日

「ポケットモンスター オメガルビー/アルファサファイア(ORAS)」の四天王「プリム」の攻略法を今回はご紹介します。

してんのう プリム (1回目)

プリム(1回目)の手持ちポケモン

Lv.52 ♂

タイプ
(弱点)

こおり

(ほのお、かくとう、いわ、はがね)

特性

せいしんりょく

わざ

かみくだく

こおりのつぶて
あられ
ひかりのかべ

Lv.52 ♂

タイプ
(弱点)

こおり

(ほのお、かくとう、いわ、はがね)

特性

せいしんりょく

わざ

フリーズドライ

こおりのつぶて
あられ
ふぶき

Lv.52 ♀

タイプ
(弱点)

こおり / ゴースト

(ほのお、いわ、ゴースト、あく、はがね)

特性

ゆきがくれ

わざ

あられ

ふぶき
シャドーボール
ドレインキッス

Lv.52 ♀

タイプ
(弱点)

こおり / ゴースト

(ほのお、いわ、ゴースト、あく、はがね)

特性

ゆきがくれ

わざ

あられ

あやしいひかり
あやしいかぜ
ふぶき

Lv.54 ♂

タイプ
(弱点)

こおり / みず

(でんき、くさ、かくとう、いわ)

特性

あついしぼう

わざ

のしかかり

ふぶき
ぜったいれいど
なみのり

プリム(1回目)の攻略法

  • ほのお・かくとう・いわ・はがねタイプで戦う
    フヨウは「こおり」タイプのポケモンを使用してくるので、「ほのお」「かくとう」「いわ」「はがね」タイプのポケモンを使えば弱点を突けるので楽に倒すことが可能です。
    ただし、ユキメノコは「ゴースト」タイプでもあるので「かくとう」タイプの技が無効になり、トドゼルガは「みず」タイプでもあるので「ほのお」「はがね」で弱点を突けなくなります。
  • あられ+ふぶきの組み合わせに注意
    プリムのポケモンは天候を「あられ」状態にしてきます。「あられ」状態になると「ふぶき」が必中になり、かなり厄介ですので弱点をついて一気に倒すか、「あまごい」「にほんばれ」などを使って天候を変えましょう。
  • トドゼルガの一撃必殺に注意
    切り札のトドゼルガは一撃必殺の「ぜったいれいど」を使ってきます。手持ちのレベルをLv.54以上にしておきましょう。
  • ピンチになるとかいふくのくすりを使う
    プリムはピンチになると2回「かいふくのくすり」を使ってきます。

おすすめポケモン

ポケモン

おすすめ理由

プリムの全ポケモンの弱点をつける

プリムの全ポケモンの弱点をつける

してんのう プリム (2回目)

プリム(2回目)の手持ちポケモン

ユキノオー

Lv.72 ♂

タイプ
(弱点)

くさ / こおり

(ほのお、かくとう、どく、ひこう、むし、いわ、はがね)

特性

ゆきふらし

わざ

こおりのつぶて

ウッドハンマー
ふぶき
きりさく

Lv.72 ♂

タイプ
(弱点)

こおり

(ほのお、かくとう、いわ、はがね)

特性

ゆきがくれ

わざ

きりさく

つららおとし
かわらわり
シャドークロー

Lv.72 ♀

タイプ
(弱点)

こおり / ゴースト

(ほのお、いわ、ゴースト、あく、はがね)

特性

ゆきがくれ

わざ

あられ

ふぶき
シャドーボール
ドレインキッス

バイバニラ

Lv.72 ♀

タイプ
(弱点)

こおり

(ほのお、かくとう、いわ、はがね)

特性

アイスボディ

わざ

フリーズドライ

れいとうビーム
ミラーコート
シグナルビーム

Lv.72 ♂

タイプ
(弱点)

こおり / みず

(でんき、くさ、かくとう、いわ)

特性

あついしぼう

わざ

のしかかり

ふぶき
ぜったいれいど
なみのり

Lv.74 ♂

タイプ
(弱点)

こおり

(ほのお、かくとう、いわ、はがね)

特性

せいしんりょく  

フリーズスキン (メガシンカ後)

わざ

フリーズドライ

こおりのつぶて
あられ
まもる

プリム(2回目)の攻略法

  • あられは天候を変えて対処
    1回目同様、天候を「あられ」状態にしてきます。天候を変えるなどして対策をしましょう。
  • トドゼルガの一撃必殺はLv72以上で防げる
    トドゼルガは「ぜったいれいど」を使ってきます。Lv.72以上なら当たりませんが、そこまで育てていない場合は使われる前に弱点をついて倒すようにしましょう。
  • オニゴーリはメガシンカ使用
    オニゴーリはメガシンカをしてきますので注意しましょう。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら